脱獄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
日本一脱獄が困難な刑務所と言われた網走刑務所

脱獄(だつごく)は、収監されている刑事施設(刑務所や拘置所)から無断で施設外に脱出する行為である。牢破りとも呼ばれる。

概説[編集]

刑事施設の中では著しく権利が制限されるため、施設の外に脱出することによる自由を得るために行う。また死刑判決を受けた死刑囚が生命の危険を感じて逃走するケースもある。

脱獄は権力執行を揺るがす事態であるため、政府は逮捕勾留されている者が刑事施設から脱出する行為に対して罰則を設けている。

日本では公権力に対する脱獄は逃走の罪として罰せられる。平成時代に入ってからの日本における脱獄の事例は、1989年10月16日に強盗強姦罪等で熊本刑務所に服役していた受刑者が逃走し1年後に逮捕された例[1][2]や、2012年1月11日に殺人未遂等で広島刑務所に服役していた中国人受刑者が逃走し2日後に逮捕された例(広島刑務所中国人受刑者脱獄事件)がある。

日本の刑務所(1921年以前は監獄)における脱獄人数推移(1882年以降)[編集]

1882年以降の刑務所脱獄人数推移。また、刑務所以外の刑事施設(拘置所や留置所等)からの逃走が含まれていないことに注意する。

明治・大正時代[編集]

脱獄人数 備考
1882 1,397 西川寅吉 三重監獄に投獄。その後、脱獄。
渡邊魁、前年に脱獄をして、大分始審裁判所竹田治安裁判所詰の雇員に採用される。
1883 1,410 1882年以降最多の刑務所脱獄人数
1884 992
1885 1,001 西川寅吉 2度目の脱獄。その後捕まり、小菅監獄に投獄。
1886 697 西川寅吉 3度目の脱獄。すぐに捕まり、空知集治監に投獄。
1887 591 西川寅吉 4度目の脱獄。その後捕まり、樺戸監獄に投獄。
そして、5度目の脱獄をする。脱獄の際、足の甲に5寸釘が刺さる。
1888 469
1889 373
1890 514 脱獄後捕まり、樺戸監獄に再び投獄される。その後6度目の脱獄。
渡邊魁、判事に昇任
1891 324 渡邊魁、捕縛される。
1892 268
1893 127
1894 128
1895 91
1896 79
1897 68 西川寅吉が捕まる。空知集治監へ送られ、さらに道内の標茶集治監に移された。
明治23年(1890年)3月、標茶集治監が網走に引っ越して網走刑務所になるに伴い網走へ移った。
1898 71
1899 39
1900 57
1901 61
1902 101
1903 99
1904 93
1905 69
1906 87
1907 79 白鳥由栄誕生
1908 87
1909 98
1910 55
1911 86
1912 52
1913 16
1914 18
1915 10
1916 14
1917 12
1918 13
1919 16
1920 14
1921 9
1922 16 渡邊魁死去
1923 390 この年は、関東大震災時の横浜刑務所において、24時間以内に刑務所または警察署に出頭することを
条件に解放命令を出す[3]
また、第25回日本帝国司法省行刑統計年報の57ページより逃走人員は374人となっており、
この人員は、24時間以内に出頭できなかった人数と推測され、通常の脱獄と異なることに注意する[4]
1924 21 西川寅吉仮釈放
1925 11
1926 15

出典:

大日本帝国内務省統計報告は内務省、司法省監獄局統計年報は司法省監獄局、日本帝国司法省行刑統計年報は司法省行刑局、犯罪白書は法務省が出版している。

昭和時代[編集]

脱獄人数 備考
1926 15
1927 19
1928 3
1929 11
1930 15
1931 6
1932 8
1933 8 白鳥由栄、仲間と共に強盗殺人をする。
1934 7
1935 20 白鳥由栄、拷問によって仲間が殺したにもかかわらず、自分が殺したと自白させられる。
1936 4 白鳥由栄、青森刑務所から脱獄(1回目)
1937 8 泉水博(ダッカ日航機ハイジャック事件釈放要求対象メンバーの一人)誕生
1938 16
1939 18
1940 31
1941 23 西川寅吉死去
1942 30 白鳥由栄、秋田刑務所から脱獄(2回目)
1943 62
1944 104 白鳥由栄、網走刑務所から脱獄(3回目)
1945 541
1946 391
1947 505 白鳥由栄、札幌刑務所から脱獄(4回目)、静岡刑務所から9人が集団脱獄
1948 402 白鳥由栄、府中刑務所収監
1949 251
1950 152
1951 89
1952 74
1953 53
1954 48
1955 32
1956 19
1957 28
1958 17
1959 25
1960 27 泉水博(ダッカ日航機ハイジャック事件釈放要求対象メンバーの一人)、強盗殺人で逮捕。
後に無期懲役の判決を受ける。
1961 24 白鳥由栄仮釈放
1962 17 1962年6月のアルカトラズ脱獄事件発生
1963 30 アルカトラズ刑務所閉鎖
1964 22
1965 14
1966 12
1967 9
1968 9
1969 17
1970 13
1971 7
1972 9
1973 4
1974 3
1975 6 クアラルンプール事件発生
1976 6
1977 8 ダッカ日航機ハイジャック事件発生
1978 3
1979 3 白鳥由栄死去
1980 2
1981 4
1982 - 1882年以降、初めて刑務所からの脱獄が無かった。
1983 2
1984 5
1985 4
1986 3 泉水博(ダッカ日航機ハイジャック事件釈放要求対象メンバーの一人)、フィリピンにて捕まる。
1987 3
1988 -
1989 3

出典

犯罪白書は法務省が出版している。

平成以降[編集]

脱獄人数 備考
1989 3 強盗強姦罪等で熊本刑務所に服役していた受刑者が逃走し、1年後に逮捕。
1990 4
1991 1
1992 -
1993 -
1994 1 松山刑務所から当時29歳の受刑者が脱走。女子大学生を車で連れ去り重傷を負わせて逮捕監禁致傷容疑などで指名手配され、4カ月後に宮崎県逮捕された[5][6]
1995 -
1996 1
1997 -
1998 -
1999 -
2000 -
2001 -
2002 1
2003 -
2004 -
2005 -
2006 -
2007 1
2008 -
2009 -
2010 -
2011 -
2012 1 広島刑務所中国人受刑者脱獄事件発生
2013 1
2014 -
2015 -
2016 -
2017 -
2018 1 松山刑務所から27歳の男性受刑者が脱走する事件発生
2019 -

出典

犯罪白書と矯正統計は法務省が出している。

脱獄の規模[編集]

2010年メキシコでは、大規模なものだけでも3月にマタモロスの刑務所から40人、同年9月にレイノサの刑務所から85人、同年12月にヌエボラレドの刑務所から141人の脱走が報じられている[7]

1983年オーストラリアニューサウスウェールズ州内では、1年間の脱獄件数が183件に上っていた。脱獄数は、その後減少傾向にあるが、2017年現在でも10件の脱獄が発生している[8]

1990年代のアメリカ合衆国では、1万4000人を超える脱獄者を記録した年があった。これは軽犯罪者を収容する警備、拘束レベルが非常に緩い刑務所の存在があるため。脱獄者は年々減少傾向にあり、2016年の脱獄者数は2330人[9]

容疑者・被告人・受刑者が脱獄した事件[編集]

日本[編集]

以下に挙げるものは大規模な脱獄事件、大きな事件の被疑者の脱獄事件、マスメディアで大きく取り上げられた脱獄事件などに限られる。

脱獄で有名な人物[編集]

脱獄をテーマにした主な作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

小説[編集]

漫画・アニメ[編集]

コンピュータゲーム[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]