脱線トリオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
脱線トリオ
メンバー 由利徹
南利明
八波むと志
結成年 1956年
解散年 1961年
活動時期 1956年 - 1961年
過去の代表番組 お昼の演芸
テンプレートを表示

脱線トリオ(だっせんトリオ)は昭和期のお笑いタレント1956年結成、1961年解散。

メンバー[編集]

由利徹(ゆり とおる、1921年5月13日 - 1999年5月20日
宮城県石巻市出身。1999年、肝臓がんのため死去。78歳没。
南利明(みなみ としあき、1924年3月14日 - 1995年1月13日
神奈川県横須賀市出身。1995年、肺がんのため死去。70歳没。
八波むと志(はっぱ むとし、1926年12月1日 - 1964年1月9日
鹿児島県大島郡徳之島町出身。1964年、交通事故で死去。37歳没。

概要[編集]

1956年に結成。リーダー格は南利明であるが、厳密なリーダーではない。トリオコントのはしりではあるが、正式なお笑いグループではなくユニットである。所属事務所は全員異なっていた。

「売れない喜劇役者」だった3人は、この脱線トリオをきっかけにブレイク。テレビへも数多く出演し、タレントとして着々と実力をつけていったが、僅か5年で解散となった。

正式なグループではなかったものの、一応新宿コマ劇場の「脱線物語」で正式に解散公演を行っている。

解散後はそれぞれが単独で俳優として活動した。また、八波の死後に、南と由利の2人でシングルを発表したこともあった。この楽曲はカラオケに収録されている。

お笑いタレントとして活動していたことから、彼らを芸人タレントと見る人も多いが、彼らの本業はタレントではなく、喜劇俳優である。しかし、トリオ結成当時は俳優としては全く売れていなかった。

テレビ出演[編集]

ソロで出演したものは、個人の項参照のこと。

  • お昼の演芸(日本テレビ)毎週水曜日の午後0時15分から放送されたお笑い番組。東京・有楽町の読売会館内「よみうりホール」での公開録画。前半は演芸人による演芸で、後半が脱線トリオのコント「たそがれシリーズ」であった。脱線トリオはこの番組で売れに売れたが、既述の通り正式なグループではなかったため八波が抜ける事がしばしばあった。代役として佐山俊二を立てるも、このため由利がボケ役からツッコミに回り、本来の脱線トリオの面白さ(=由利のボケと八波のツッコミの掛け合いの妙)を出す事は出来なかった。
  • チロリン村とくるみの木NHK人形劇):由利徹は、ニンジンのお巡りさん ヒゲノ・ニンジン。南利明は、3代目スカンクのガスパ。八波むと志は、スカンクのガスパ。

関連項目[編集]