腕をかえす

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

腕をかえす(かいなをかえす)とは、相撲技術の1つである。相手の腕の下に自分の手を差し入れた場合(差し手と言う)と投げを打つ時に、その腕の小指側を上げる事である。おっつけの逆である。相手の腕を持ち上げ、脇を開けさせ、上手廻しを取られたり巻き替えられたりするのを防ぎ、重心を高くする効果がある。