腕挫三角固

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

腕挫三角固(うでひしぎさんかくがため)は、相手のを極める、柔道総合格闘技等における関節技アームロックの一種である。記事名は柔道での正式名より。

概要[編集]

三角絞め腕ひしぎ逆十字固めを合体させた複合関節技である。

三角絞めを仕掛ける様な状態からのアームロックの総称で様々なバリエーションがある。

現代仮名遣いにより、腕ひしぎ三角固めとも表記される。

英語ではトライアングルアームバーTriangle Armbar)。

バリエーション[編集]

前三角絞めから
相手が首を引き抜こうとして腕を伸ばした際に、そのまま腹部を張って体全体で反り返るようにしてその腕を腕ひしぎ十字固めと同様に極める(見た目は三角絞めに似ているが絞め技との複合技ではなく関節技である)。PRIDEのリングではアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラが三角絞めからの変形によりマーク・コールマンに、この技を極めている。
横三角絞めから
三角の外の腕への腕がらみ、腕ひしぎ手固]に極めて腕ひしぎ三角固めへ。
後三角絞めから
腕ひしぎ十字固めの様に三角の中に入った腕を極め、腕ひしぎ三角固めへ。
裏三角絞めから
裏三角絞めは横三角絞めとは脚の組み方が逆である。絞めは極まりづらく、三角の外の腕を腕緘にとったり、中の腕を手で引っ張って伸ばして腕ひしぎ三角固めへ。
相手が股間に腕を入れ横四方固めで抑え込んでる場合は相手の頭を股間に押して下から股間に入った相手の腕と頭を裏三角絞めにとらえて三角の外にある腕を腕がらみにとり、腕ひしぎ三角固めへ。
2007年3月12日のHERO'Sビトー・シャオリン・ヒベイロ上山龍紀に、この技を三角の中の腕を伸ばす形で極めている(発表は腕ひしぎ逆十字固め)。