腰物奉行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

腰物奉行(こしものぶぎょう)は、江戸幕府における職名の1つ。御腰物奉行とも書かれる。古くは御腰物頭御腰物番頭と呼ばれた。

将軍の佩刀や装身具、および諸侯から献上された刀剣や、諸侯に下賜する太刀・刀・脇差などの一切を掌る。

若年寄支配で、定員2名。家格が200石から1000石の者が選ばれ、焼火之間詰。配下に組頭(役料100俵)2人、腰物方(200俵高)15 - 16人がおり、他に腰物持と、腰物奉行同心が10人属した。

刀の試し斬りも担当したが、実際の試刀は山田浅右衛門に依頼して、死罪と決定された罪人を斬らせることで行った。牢屋奉行などと共に立会い検分をした後、刀の切れ味を将軍に報告した。

沿革

承応2年(1653年)10月15日に押田三次郎がこの職に就いたのが始まり。

寛文6年(1666年)には役料400俵であったが、天和2年(1682年)に廃止。享保8年(1723年)700石高の職となる。

元禄14年(1701年)、腰物頭は腰物奉行に、それまで腰物奉行と呼ばれていた職務は腰物方に、それぞれ改称。

慶応2年(1866年)に、腰物方とともに腰物奉行は廃職となり、その職務は納戸方が兼務することとなった。

参考文献

  • 『江戸時代奉行職事典』 川口謙二、池田孝、池田政弘著 東京美術選書 1983年 ISBN 4-8087-0139-1
  • 『江戸時代役職事典』 川口謙二、池田孝、池田政弘著 東京美術選書 1981年 ISBN 4-8087-0018-2

今日は何の日(9月21日

もっと見る

「腰物奉行」のQ&A