腰車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
引き手で相手の襟を持った腰車のイラスト

腰車(こしぐるま)は、柔道投技腰技10本の一つ。講道館国際柔道連盟 (IJF) での正式名。IJF略号KOG

概要[編集]

釣り手で相手の横襟、引き手で相手の袖を掴んだ自然体から釣り手を奥襟に持ち替え、もしくは襟を持たず、相手の首を釣り手の前腕を相手のうなじに当て、もしくは上腕と前腕で挟み込み抱える様にし、前回りさばきで踏み込み、相手を腰に乗せ、相手と自身の胴が十文字に交差するぐらい腰を深く入れ、そのまま自身の腰を中心に転がす様に投げる[1]バルセロナオリンピック後、78 kg級に階級を変更した古賀稔彦が盛んに使用していた。相撲レスリングでいうところの首投げに近い投げである。

両手で相手の襟を持って腰車を行うこともある。この場合、相手は故意でなければ畳に頭から突っ込んでもヘッドデフェンス (head defence) の反則にはならない。高松正裕は、釣り手と引き手を逆に使い、引き手で首を抱えて、両手でロックする様に投げていたという。

川石メソッド[編集]

腰車[編集]

柔道川石メソッドの腰車は回込み払腰のような体さばきの首を抱えない腰車である。右組で右手は首は抱えず相手の横襟のまま、左足を相手の左に踏み込み、その左足を軸に、はずみをつけて体を左回転で急旋回させながら、右足を大きく相手の右に振り出し、腰を入れて腰を軸に前に投げる。投げる直前、自身と相手の両足の4点が畳上にほぼ一直線上に並ぶ[2]

首投[編集]

柔道川石メソッドの首投(くびなげ)は右腕で相手の首を抱えながら体落の様に右ふくらはぎを相手の右すねにあてながらの投技である。体落の様に手技には分類せず、腰車と同様、腰技に分類している[3]。腰車の基本形の様に腰は深く入れていない。講道館やIJFの正式な技名にはない。

出典[編集]

  1. ^ 柏崎克彦『柔道技の見極めハンドブック』ベースボール・マガジン社(原著2004年8月5日)、34頁。ISBN 978-4583612836。「腰車」
  2. ^ Mikinosuke KAWAISHI. Ma méthode de judo. Jean Gailhat(仏訳、イラスト). フランス: Judo international. pp. 56-57. "KOSHI-GURUMA" 
  3. ^ Mikinosuke KAWAISHI. Ma méthode de judo. Jean Gailhat(仏訳、イラスト). フランス: Judo international. pp. 52-53. "KUBI-NAGE" 
  4. ^ 腰車 / Koshi-guruma (YouTube). 日本: 講道館チャンネル.. (2020年7月13日). https://www.youtube.com/watch?v=SU7Id6uVJ44 2020年8月1日閲覧。 
  5. ^ Koshi-Guruma performed by #JudoKids (YouTube). スイス: IJF JUDOチャンネル.. (2020年7月25日). https://www.youtube.com/watch?v=2UsgEOAOp68&pp=wgIECgIIAQ%3D%3D 2020年8月1日閲覧。