腸間膜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
腸間膜
Gray1038.png
腹腔下部の腹膜周辺水平断面図。腸間膜は赤色で示してある。
Gray1035.png
腹膜の垂直断面図。主要腹腔は赤、 網嚢は青。
表記・識別
MeSH D008643
TA A10.1.02.007
FMA 7144
解剖学用語英語版

腸間膜(ちょうかんまく、: Mesentery)とは、空腸回腸を腹部の後方から支える腹膜の二重層のことである。しかしながら、腸間膜は、腹腔の様々な構成物を含む腹膜の二重層も含んで言うことが多い。腸間膜を臓器のひとつだと考える研究者もいる[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「腸間膜」は「臓器」だった!解剖学の定説を塗り替える新発見!しかし、その役割や働きは?”. 健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESS. 2019年5月31日閲覧。