腸骨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
骨: 腸骨
名称
日本語 腸骨
英語 Ilium
ラテン語 Os Ilium, Ilium
関連情報
MeSH Ilium
グレイの解剖学 書籍中の説明(英語)
テンプレートを表示
骨盤の図
全身骨格図 13番が腸骨の位置である。

腸骨(ちょうこつ、英語: Iliumラテン語: ilium、os. ilium)は、四肢動物腰帯を構成する骨の一つである。

ヒトの場合、坐骨 (Ischium)、腸骨、恥骨 (Pubis) をあわせて寛骨と呼ばれる。骨盤は、左右1対の寛骨、仙骨、尾骨で構成され、腸骨は骨盤最大の骨である[1]。腸骨には上前腸骨棘、下前腸骨棘という突起部分があり、上前腸骨棘には縫工筋大腿筋膜張筋の主要な筋肉が付着する[2][3]。上前腸骨棘はを当てた時に指に触れるでっぱりである[3]

血液との関係[編集]

腸骨には人体でもっとも大量の骨髄が存在し、成人では血液のおよそ半分は腸骨で作られる。骨髄を採取する場合は腸骨稜の後側、上後腸骨棘を中心とした場所から採取する[4]

腸骨と関節する骨[編集]

腸骨から起始する筋肉[編集]

腸骨に停止する筋肉[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 慶応大学/系統解剖学/骨、骨格系2011.02.12閲覧
  2. ^ gooヘルスケア 上・下前腸骨棘裂離骨折の症状と原因
  3. ^ a b 股関節の痛みの原因を治療する~理学療法士國津秀治
  4. ^ 浅野茂隆、池田康夫、内山卓 監修 『三輪血液病学』文光堂、2006年、ISBN 4-8306-1419-6、pp.550-551

参考文献[編集]

関連項目[編集]