腹裏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

腹裏(ふくり)とはの行政区画。中書省が直轄する現在の河北省山西省山東省の地域を総称した[1]。腹裏は29路、8直隷州、3属府、91属州、346県を管轄した。上都や大都の所在地である腹裏地区は元朝の政治の中心地として他の行省より重視されていたと考えられる。

「腹裏」は「内地」を示す言葉であり宋代よりその用法が見られる。元代においては河北、山西、山東というモンゴル草原に比較的近い地域を示す用語として用いられ、元朝が最初に征服した中原地区であり、その後全国統一を行うための基地としての性格を有していた。

それまで京師直轄地域は「三輔」や「京畿」、「直隷」と称されていたが、元朝の使用した「腹裏」は他王朝が使用した京師直轄地域とは比較にならない規模を有していた。腹裏は大量のモンゴル人、色目人が居住していた地域である。また金朝の中原統治の中枢地区であったため金代の行政制度の影響を強く受けていた。

腹裏は中書省直轄とされ行省のような行政機構は設置されなかったため、他の行省が設置された地域に比べ行政機構が1段階省略された構造となっている。行政機構は中書省の下部に山東東西道及び河北東西道宣慰司が設置されていた。

行政区画[編集]

[編集]

[編集]

  • 砂井総管府

[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『経世大典序録』惟我太祖皇帝開創中土、而大業既定。世祖皇帝削平江南、而大統始一。輿地之後、古所未有。遂分天下為十一省、以山東、西、河北之地為腹裏、隷都省

参考文献[編集]

  • 王頲『元代行政地理研究』復旦大学博士学位論文 1989年