膝十字固め

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ブラジリアン柔術の試合での膝十字固め

膝十字固め(ひざじゅうじがため)は、相手のを極める柔術柔道総合格闘技プロレスサンボブラジリアン柔術における関節技である。

同様の技は関口流などの古流柔術に見られる[要出典]高専柔道において用いられて当初は足の大逆と呼ばれていた。しかし、後に高専柔道競技においても禁止された。また、柔道の乱取においても足の関節技は禁止されている。ブラジリアン柔術では国際ブラジリアン柔術連盟においては白帯青帯紫帯およびU18以下で、国際柔術連盟においてはU16以下では禁止技である。

英語ではニーバー (Knee bar) と呼ばれる。別名膝じん帯固め(ひざじんたいがため)[1]足挫十字固[2](あしひしぎじゅうじがため)、ストレートニーロック。略称膝十字(ひざじゅうじ)。

概要[編集]

ハーフガードポジションの体勢をとる相手に挟まれていない方の脚で相手の体を跨いで180度翻り、両脚を使って相手の片脚をしっかり挟み、相手の膝より若干上の部分(太腿寄りの部分)に自分の股をしっかり当てて支点として脚を抱きかかえるようにしながら体ごと後方へ反り返るようにして腕ひしぎ十字固めと同じ要領で極める。技が極まれば、相手の膝が可動域の反対方向に折れ曲がる形になる。

また、背後を取られた体勢からの返し技としての使用法や立ち状態から極める使用法(サンボビクトル式膝十字固め)もある。

柔道での膝十字固め[編集]

1921年7月の第8回全国高専大会、師範に就任して間もない金光弥一兵衛の高専柔道六高と大会7連覇により勇名を轟かせこの大会に向けて更に小田常胤をコーチに据えて「死んでも勝つ」と8連覇を意気込む旧制第四高校(のちの金沢大学)が準決勝戦で激突する事となった[3]。事実上の決勝戦との下馬評で午後3時から始まったこの試合は、六高側が繰り出した新技の「足の大逆」こと膝十字固めを発端として半ば乱闘騒ぎとなり、この技の取り扱いを巡って協議のため数時間の中断があった。四高側が禁止技の足緘と同じ技だと主張するのに対し、六高側は足緘とは別の技で禁止技には該当せず、その証拠に審判の磯貝一もこれを認めていると主張[3]

のちに高専柔道でも講道館柔道でも国際柔道連盟ルールでも膝十字固めは禁止技となった。1950年に日本で旗揚げした国際柔道協会のプロ柔道でも禁止技であった[4]

関連動画[編集]

Every Kneebar Finish in UFC History - YouTube

脚注[編集]

  1. ^ 麻生秀孝『実戦!サブミッション』ケイブンシャ(原著1991年3月25日)、65-66頁。「膝じん帯固めA、膝じん帯固めB」
  2. ^ 金光弥一兵衛新式柔道隆文館、日本、1926年(大正15年)5月10日、177-178頁。「足挫十字固」
  3. ^ a b 工藤雷介『秘録日本柔道』東京スポーツ新聞社、1973年5月25日、255-262頁。「学生柔道の伝統」
  4. ^ 増田俊也木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか新潮社、日本(原著2011年9月30日)、275頁。「関節技の場合頸椎及膝関節は禁ず。」