臨済録

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

臨済録(臨濟錄、りんざいろく)は、中国唐代禅僧臨済宗開祖の臨済義玄の言行をまとめた語録。一巻(編によっては二巻)。詳しくは『鎮州臨済慧照禅師語録』。四家語録[1]の1つ。

概要[編集]

臨済の弟子の三聖慧然によってまず編纂された。その後も円覚宗演によって増補され、宣和2年(1120年)に印刷された。その後、広く流布し、「語録の王」と呼ばれている。

北宋の馬防による序文の「序」、弟子たちとの問答集の「上堂語」、弟子への講義録の「示衆」、他の禅僧との問答集の「勘弁」、伝記の「行録」、「眞定十方臨濟慧照玄公大宗師道行碑」「臨濟正宗碑銘」の碑文2つの「塔記」から構成される。

版本・訳注[編集]

関連書籍[編集]

  • 『臨済録講話』(釈宗活著、光融館、1924年)
  • 『臨済録 - 聖典講話』(間宮英宗著、新興出版社、1935年)
  • 『臨済及臨済録の研究』(陸川堆雲著、喜久屋書店、1949年)
  • 『臨済録提唱』(足利紫山著、大法輪閣、1954年)
  • 『臨済録の思想』(古田紹欽著、春秋社、1956年)
  • 『提唱臨済録』(上・下、平田精耕著、柏樹社、1984年)
  • 『臨済録物語』(中村文峰著、大蔵出版、1992年)
  • 『臨済録一字索引』(ウルス・アップ編、花園大学国際禅学研究所、1993年)
  • 『臨済録 - 禅の神髄』(里道徳雄著、NHKライブラリー、1995年)
  • 『臨済録講話』(大森曹玄著、春秋社、1980年、新装版2005年)
  • 『臨済録をめぐる断章 - 自己確立の方法』(西村惠信著、禅文化研究所、2006年)
  • 『臨済録 - 禅の語録のことばと思想』(小川隆著、岩波書店「書物誕生」、2008年)
  • 『生きてるだけでいいんだよ -『臨済録』自由訳による-』(町田宗鳳著、創美社、2009年)
  • 『『臨済録』を読む』(有馬頼底著、講談社現代新書、2015年)
  • 『臨済録提唱』(中村文峰著、春秋社、2016年)
  • 柳田聖山集 第4巻 臨済録の研究』(法蔵館、2017年)

参考文献[編集]

注・出典[編集]

  1. ^ 四家語録 6 巻とは馬祖道一(709 - 788年)・百丈懐海 (749 - 814年)・黄檗希運(? - 850年)・臨済義玄(? - 867年)までの四代の語録をいう。