臨界角

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
物理学
ウィキポータル 物理学
執筆依頼・加筆依頼
物理学
カテゴリ
物理学 - (画像
ウィキプロジェクト 物理学

臨界角(りんかいかく、: Critical angle)は、屈折率が大きいところから小さいところに光が向かうとき、全反射が起きる最も小さな入射角のことである。臨界角 θc は以下のように表される。

n1 : 入射元の物質の屈折率
n2 : 進行先の物質の屈折率

この式からもわかるように、n1 < n2 のとき、全反射は起きないので臨界角をもたない。

関連項目[編集]