自己啓発

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

自己啓発(じこけいはつ)とは、自己人間としてより高い段階へ上昇させようとする行為である。「より高い能力」、「より大きい成功」、「より充実した生き方」、「より優れた人格」などの獲得を目指す。

他に、自己開発自己啓蒙自己変革自己改革などの表現も使用される。

自己啓発の商品(商材)[編集]

教材やセミナーで提供される内容(メソッド)は、自己啓発プログラムと呼称される。

自己啓発の主要なテーマ[編集]

五十音順。俗語も含む。

具体的内容・技術[編集]

医学関連以外

心理学精神医学関連以外の医学関連

心理学、精神医学関連

需要[編集]

自信ストレス管理マインドフルネスなどの自己啓発スキルに対する需要は、個々の学習者の間で1200%増加しているとコーセラが発表した。パンデミックによって引き起こされる精神的および感情的な苦痛を軽減するために、イェール大学幸福の科学のようなコースに目を向けている[1]

関連項目[編集]

類似行為[編集]

改善目的

目的不定

悪化目的

用語[編集]

俗語

分野[編集]

人物[編集]

出典[編集]

  1. ^ Announcing the Coursera 2020 Global Skills Index” (英語). Coursera Blog (2020年7月16日). 2020年11月11日閲覧。