自律神経失調症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
自律神経失調症
分類および外部参照情報
診療科・
学術分野
精神医学, 心身医学
ICD-10 G90
ICD-9-CM 337.9
MeSH D001342
テンプレートを表示

自律神経失調症(じりつしんけいしっちょうしょう、英: psychogenic dysautonomia)とは、心因性の自律神経機能の失調によると思われる病態の総称。心因性自律神経機能障害(psychogenic autonomic dysfunction)とも呼ばれる。

概念[編集]

自律神経とは血管リンパ腺内臓など自分の意思とは無関係に働く組織に分布する神経系のことであり、呼吸や代謝、消化、循環など自分の意思とは無関係で生命活動の維持やその調節を行い、絶えず活動している神経である。

日本心身医学会では「種々の自律神経系の不定愁訴を有し、しかも臨床検査では器質的病変が認められず、かつ顕著な精神障害のないもの」と暫定的に定義されている。ただし、この病気は日本では広く認知されているもののDSMでは定義されていない。ICD-10 においては、G90 Disorders of autonomic nervous system [1][2]に分類され、特定の病名に帰着しないものを G90.9 としている。

この病気は1961年ごろに東邦大学の阿部達夫が定義したものであるが、現在も医学界では独立した病気として認めていない医師も多い。疾患名ではなく「精神科の病気である神経症うつ病に付随する身体症状(身体症状症、または身体化障害)の中の、自律神経症状を総称したもの」というのが一般的な理解である。 

自律神経機能の異常の原因として、脳神経内科/脳神経外科疾患によるもの(自律神経不全 neurogenic autonomic dysfunction/failure)と、精神科疾患によるもの(自律神経失調症/身体症状症としての自律神経症状 psychogenic autonomic dysfunction) との2型があり、両者を「機能性」と称する。すなわち、自律神経失調症の診断のためには、自律神経不全を充分に鑑別しておく必要がある。

症状[編集]

めまい、冷汗、動悸血圧が激しく上下する、立ち眩み、朝起きられない、吐き気、胃痛、腹痛、胃もたれ下痢頻尿などの自律神経症状を呈する。さらに手足・肩・頭の痛みやしびれといった疼痛・感覚症状、耳鳴りがする、目が見えにくいといった特殊感覚症状、不眠症などの睡眠障害、頭が締め付けられぼーっとするといった意識の症状、イライラ、過呼吸、通勤通学の困難といった情動精神症状が現れることも多い。

治療[編集]

精神科・心療内科医師と、消化器科・循環器科・泌尿器科等の身体科医師が、協力して診療にあたることが治療の近道と考えられる。治療には精神科医師による精神療法・行動療法や、抗不安薬等を用いた薬物療法などが行われている。

西洋医学での改善が認められない場合は、鍼灸整体マッサージカウンセリングなどが有効な場合もある。

漢方薬[編集]

漢方薬の場合、若年から老年まで幅広い年齢に適用できる。[3]漢方で副作用が既往に生じたものは原則として適応外[4]

症状と所見を元にした頻用処方を以下に示す(主訴→随伴症状の順)[4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ WHO作成 ICD-10リスト(2007) G90 Disorders of autonomic nervous system
  2. ^ 標準病名マスター作業班 病名検索
  3. ^ 精神疾患・発達障害に効く漢方薬―「続・精神科セカンドオピニオン」の実践から (精神科セカンドオピニオン) 内海 聡 (著)
  4. ^ a b c d e f g h i j k 日本医師会 『漢方治療のABC』 医学書院〈日本医師会生涯教育シリーズ〉、1992年、129-132頁。ISBN 4260175076。 

関連項目[編集]