自然学小論集

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

自然学小論集』(: Μικρὰ φυσικά: Parva Naturalia)とは、古代ギリシャ哲学アリストテレス名義の、人間にまつわる自然哲学小論文7篇を、まとめたもの。

構成[編集]

以下の7つの小論群から成る[1]

  • 『感覚と感覚されるものについて』(: Περὶ αἰσθήσεως καὶ αἰσθητῶν: De sensu et sensibilibus: On Sense and Sensibilia
  • 『記憶と想起について』(: Περί μνήμης και αναμνήσεως: De memoria et reminiscentia: On Memory and Reminiscence
  • 『睡眠と覚醒について』(: Περὶ ύπνου και εγρηγόρσεως: De somno et vigilia: On Sleep and Sleeplessness
  • 『夢について』(: Περὶ ἐνυπνίων: De insomniis: On Dreams
  • 『夢占いについて』(: Περὶ τῆς καθ᾽ ὕπνον μαντικῆς: De divinatione per somnum: On Divination in Sleep
  • 『長命と短命について』(: Περὶ μακροβιότητος καὶ βραχυβιότητος: De longitudine et brevitate vitae: On Length and Shortness of Life
  • 『青年と老年について、生と死について、呼吸について』(: Περὶ νεότητος καὶ γήρως, καὶ ζωῆς καὶ θανάτου, καὶ ἀναπνοῆς: De Juventute et Senectute, De Vita et Morte, De Respiratione: On Youth, Old Age, Life and Death, and Respiration

内容[編集]

日本語訳[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『アリストテレス全集 6』岩波書店のように、最後の『青年と~』の『呼吸について』の部分を分割して、8つにしたものもある。

関連項目[編集]