自然学校 (兵庫県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

自然学校(しぜんがっこう)とは、兵庫県の市町が県の補助を受けて行う県の学校行事林間学校臨海学校)である。1988年度から小学校で実験的に始まり、1990年度から1998年度までは希望する中学校、1991年度から公立の全小学校を対象に実施され現在に至る。なお、この事業推進のために、朝来郡山東町(現・朝来市)に兵庫県立南但馬自然学校が作られた。

概要[編集]

  • 実施機関 - 兵庫県内各市町
  • 実施対象 - 兵庫県内小学5年生の児童
  • 時期 - 主に春か秋(5、6月か10、11月ごろ)に1団体(学校・連合)ごとに各市町が決める。
  • 期間 - 四泊五日(2010年度から。2008年度まで五泊六日。2009年度は移行期間として五泊六日の小学校と、四泊五日の小学校とがあった)

特徴[編集]

期間が5泊6日と長かった。これはトライやる・ウィークにも言えることだが、自然学校はトライやると違い学校に週5日制が完全に導入された後も期間が変わっていなかったが、2009年度からは4泊5日に変更された。実施機関が各学校ではなく市町(実質的には県)である。