自然蒼鉛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
自然蒼鉛
自然蒼鉛
分類 元素鉱物
化学式 Bi
結晶系 三方晶系
へき開 一方向に完全、三方向に良好
モース硬度 2 - 2.5
光沢 金属光沢
銀白色
条痕 銀白色
比重 9.8
プロジェクト:鉱物/Portal:地球科学
テンプレートを表示

自然蒼鉛(しぜんそうえん、native bismuth、bismuth)あるいは自然ビスマス[1](しぜんビスマス)は鉱物元素鉱物)の一種。化学組成は Bi。結晶系三方晶系自然砒グループに属する。

結晶形を示さず、塊状で産する。劈開がよく発達する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 文部省編 『学術用語集 地学編』 日本学術振興会1984年。ISBN 4-8181-8401-2。

参考文献[編集]

関連項目[編集]