自由への招待

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
自由への招待
L'Arc〜en〜Cielシングル
初出アルバム『AWAKE
B面 milky way
リリース
規格 CCCD(2004年版)
CD-DA(2005年版)
ジャンル ポップス
ロック
時間
レーベル Ki/oon Records
作詞・作曲 hyde (作詞)
tetsu (作曲)
プロデュース L'Arc〜en〜Ciel
岡野ハジメ
ゴールドディスク
  • プラチナ(CD
  • ゴールド(シングルトラック)
※ いずれも日本レコード協会認定
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 2004年6月度月間4位(オリコン)
  • 2004年度年間38位(オリコン)
  • 登場回数13回(オリコン)
L'Arc〜en〜Ciel シングル 年表
瞳の住人
(2004年)
自由への招待
(2004年)
Killing Me
2005年
AWAKE 収録曲
EXISTENCE
(8)
自由への招待
(9)
Ophelia
(10)
ミュージックビデオ
自由への招待 - YouTube
(※) YouTube Music Premium限定
テンプレートを表示

自由への招待」(じゆうへのしょうたい)は、日本ロックバンドL'Arc〜en〜Cielの24作目のシングル2004年6月2日発売。発売元はKi/oon Records

解説[編集]

9thアルバム『SMILE』のリリースから約2ヶ月後に発売されたシングル。また、リリースされた6月2日は「Pieces」(1999年)がリリースされた日でもある。

READY STEADY GO」からの再始動以来、3作連続でA面がtetsuya作曲となっている。また、オリコンシングルチャートでは、前作に続き4作連続通算13作目となる首位獲得となった。

本作から「GOOD LUCK MY WAY」までのシングルのほとんどのカップリング曲において、ラルクのメンバーによるパートチェンジバンド"P'UNK〜EN〜CIEL"が担当することとなった。過去の自身達の楽曲をリアレンジして収録されており、ベースを担当するYUKI P'UNK(=yukihiro)による演奏中の掛け声(カウント)は以降、お約束となっている。

発売当初はCCCDで販売されていたが、2005年10月26日CD-DAで再発売された。本作品がラルクにとって最後のCCCDである。

収録曲[編集]

  1. 自由への招待 / L'Arc〜en〜Ciel
    ダイハツ工業MOVE CUSTOMCMソング
    2003年に開催されたライブ「Shibuya Seven days 2003」のリハーサル中に制作が開始された楽曲[1]。tetsuyaは活動再開後の第一弾シングルにするつもりで、「イントロから"久しぶりのL'Arc〜en〜Ciel"を感じられる曲にしたかった[2]」と述べている。結果、活動再開後初のアルバム『SMILE』の収録からも漏れているが、hydeは「当然この曲はアルバムに入ると思っていた[3]」と述べている。
    歌詞に関してhydeは、当時自身のソロとラルクのレコーディングを並行して行っていたことから、「忙しいから自由が欲しい。それを素で歌ってるだけ。それを冗談ぽく書いた詩[4]」と語っている。
    また、日本テレビ系音楽番組『速報!歌の大辞テン[5]にて、tetsuyaがリハーサルの日に食べた昼食から、仮タイトルが「ハンバーグと目玉焼き」と付けられたと語っている。
  2. 自由への招待 (hydeless version)
  3. milky way / P'UNK〜EN〜CIEL
    • 作詞・作曲:tetsu 編曲:HYDE P'UNK
    5thアルバム『HEART』の収録曲「milky way」のカバー。編曲およびプロデュースはHYDE P'UNKが行っており、ライブで盛り上がる明るい曲を探していた中で、「最近ライブでやんなくなった曲ないかなあと思って見つけたのが"milky way"だった[6]」という。
    P'UNK〜EN〜CIELの楽曲のタイトルには、楽曲が発売された年が表記されているが、本曲のみ表記されていない。2012年に発売された12thアルバム『BUTTERFLY』の完全生産限定盤に付属している特典CD『P'UNK IS NOT DEAD』に収録された際には「milky way 2004」と表記された。
  4. milky way (TETSU P'UNKless version)

参加ミュージシャン[編集]

収録アルバム[編集]

オリジナルアルバム
セルフカバーアルバム

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『BASS MAGAZINE』2005年8月号、リットーミュージック
  2. ^ 『WORDS L'Arc〜en〜Ciel』p.34、角川書店、2005年
  3. ^ 『WORDS L'Arc〜en〜Ciel』p.25、角川書店、2005年
  4. ^ 『WORDS L'Arc〜en〜Ciel』p.26、角川書店、2005年
  5. ^ 2004年6月16日放送分
  6. ^ 『WORDS L'Arc〜en〜Ciel』p.27、角川書店、2005年