自由への賛歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
Ύμνος εις την Ελευθερίαν
和訳例:自由への賛歌
関連画像

国歌の対象
ギリシャの旗 ギリシャ[1]
キプロスの旗 キプロス[2]

作詞 ディオニシオス・ソロモス(1823年
作曲 ニコラオス・マンザロス(1828年
採用時期 1873年
試聴
テンプレートを表示
2012年ロンドンオリンピックの閉会式で掲揚されるギリシャ国旗。ギリシャ国歌の演奏が伴う。

自由への賛歌じゆうへのさんかギリシア語Ύμνος εις την Ελευθερίαν)は、ギリシャキプロス国歌である。1823年に、ディオニシオス・ソロモス (Διονύσιος Σολωμός) が記した158節からなる叙事詩の、公式には2節迄を歌詞としている。又、楽曲は1828年に、ニコラオス・マンザロス (Νικόλαος Μάντζαρος) が作曲した。1873年に正式にギリシャ国歌に制定された。[3][4][5]

複数の国がひとつの楽曲の歌詞を変えて国歌としている事はいくつかあるが、詩、曲共に同一なのは国際連合の加盟国ではこの歌と女王陛下万歳の例だけである。

オリンピックの閉会式では、発祥の地であるギリシャに敬意を表してこの曲が必ず演奏される。 2004年のアテネオリンピックの開会式でギリシャ国歌が演奏されたが、この時の演奏は発祥の地であるギリシャに敬意を表してではなく、開催国として演奏された。

歌詞[編集]

各節の最後の二行は合計三回歌う。

ギリシア語[編集]

ギリシア文字
ギリシア•ローマ字転写
仮名
国際音声記号

Σε γνωρίζω από την κόψη
Του σπαθιού την τρομερή,
Σε γνωρίζω από την όψη,
Που με βιά μετράει τη γη.

Απ’ τα κόκκαλα βγαλμένη
Των Ελλήνων τα ιερά,
𝄆 Και σαν πρώτα ανδρειωμένη,
Χαίρε, ω χαίρε, ελευθεριά! 𝄇[6][7][8]

Se gnorízo apó tin cópsi
Tu spathjú tin tromerí,
Se gnorízo apó tin ópsi,
Pu me vjá metrái ti gi.

Ap’ ta cóccala vgalméni
Ton Hellínon ta jerá,
𝄆 Cæ san próta andrioméni,
Chǽre, o chǽre, eleftherjá! 𝄇

セ・グノリゾ・アポ・ティン・コプスィ
トゥ・スパスュ・ティン・トロメリ、
セ・グノリゾ・アポ・ティン・オプスィ
プ・メ・ヴャ・メトライ・ティ・イィ。

アプ・タ・コカラ・ヴガルメニ
トン・エリノン・タ・イェラ、
キェ・サン・プロタ・アンズリオメニ、
ヒェレ、オ・ヒェレ、 エレフセリャ!

[s̠e̞ ɣno̞ˈɾiz̠o̞‿ɐpo̞ tiŋ ˈko̞ps̠i]
[tu s̠pɐˈθçu tin ˌtro̞me̞ˈɾi ǀ]
[s̠e̞ ɣno̞ˈɾiz̠o̞‿ɐpo̞ tin ˈo̞ps̠i ǀ]
[pu me̞ ˈvʝä me̞ˌträi̯ ti ˈʝi ‖]

[ɐp tɐ ˈko̞kɐˌlä vɣɐlˈme̞ɲi]
[to̞n e̞ˈlino̞n tɐ je̞ˈɾä ǀ]
𝄆 [ˌce̞ s̠ɐm ˈpro̞tɐ‿ɐn̪ðrjo̞ˈme̞ɲi ǀ]
[ˈçe̞ɾe̞‿o̞ ˈçe̞ɾe̞ ǀ e̞le̞fθe̞ɾˈʝä ‖] 𝄇]

英語訳[編集]

直訳 韻文 ラドヤード・キップリングによる (1918年)
First verse

I recognize you by the fearsome sharpness,
of your sword,
I recognize you by your face
that hastefully defines the land (i.e. the land's borders).

I shall always recognize you
by the dreadful sword you hold,
as the Earth with searching vision
you survey with spirit bold.

We knew thee of old,
O, divinely restored,
By the lights of thine eyes,
And the light of thy Sword.

Second verse

From the sacred bones,
of the Hellenes arisen,
𝄆 and valiant again as you once were,
Hail, o hail, Liberty! 𝄇

From the Greeks of old whose dying
brought to life and spirit free,
𝄆 now with ancient valor rising
Let us hail you, oh Liberty! 𝄇

𝄆 From the graves of our slain,
Shall thy valor prevail,
𝄆 as we greet thee again,
Hail, Liberty! Hail! 𝄇[9]

日本語訳[編集]

直訳(和訳)
我は汝を識る、
汝の剣の恐るべき鋭さで
我は汝を識る、
大地を俄かに睥睨する汝の目の輝きで
興隆せしヘレネ人
神聖なる骨より生まれ出で
さらに汝の古の武勇によって強靭せしめられる
万歳、おお、自由![1]
韻文(和訳)
我は常に汝を識る
汝の佩用する恐るべき剣によって
先見の明ある大地として
汝はこれを睥睨する。勇敢なる精神によって
命と自由の精神をもたらした
古の亡き先人たちより生まれ出た
いま古代の勇武の崛起とともに
汝を称えよ。おお自由!

[1]

ラドヤード・キップリングによる (1918年)(和訳)
我らは古の汝を知った
おお、神々しく復古したもの
汝の目の光より、
そして汝の剣の輝きより現れたもの。
我らの亡き先人の霊廟より生れ出る
汝の勇気よ、勝利したまえ
我らが再び汝を叫ぶとき
万歳、自由!万歳![1]
  1. ^ Εθνικός Ύμνος presidency.gov.cy, 2011-05-30
  2. ^ Presidency of the Republic of Cyprus - The National Anthem presidency.gov.cy
  3. ^ Το μνημείο διατίθεται για διαδηλώσεις Η "χρήση" του Άγνωστου Στρατιώτη και... άλλες βέβηλες ιστορίες Κανέλλης, Ηλίας. tanea.gr, 2010-09-25. Ta Nea. "Ο «Ύμνος προς την Ελευθερίαν» του Διονυσίου Σολωμού είναι, πρωτίστως, ένα ποίημα μέσω του οποίου υμνήθηκε το έθνος-κράτος, σε περίοδο που οι εθνικές οντότητες ήταν ταυτόσημες της νεωτερικότητας."
  4. ^ Ο εθνικός ύμνος "ελεύθερος" στο Διαδίκτυο Τομαδάκη, Κωστούλα. To Pontiki, 2010-11-22. "Το 1865, μετά την ένωση της Επτανήσου με την Ελλάδα, ο «Ύμνος προς την Ελευθερίαν» καθιερώθηκε ως εθνικός ύμνος της Ελλάδας."
  5. ^ Εφημερίδα της Κυβερνήσεως – Το Ναύπλιον γενέθλιος πόλις της εφημερίδος της Κυβερνήσεως 2012-09-14. Αργολική Αρχειακή Βιβλιοθήκη Ιστορίας & Πολιτισμού. "Ας σημειωθή χαρακτηριστικώς, ότι η περί ης ο λόγος εφημερίς προέτεινεν εις το φύλλον της 21ης Οκτωβρίου 1825 την καθιέρωσιν ως εθνικού ύμνου του ποιήματος του Δ. Σολωμού «Ύμνος προς την Ελευθερίαν», του οποίου εδημοσίευσεν ανάλυσιν υπό του Σπ. Τρικούπη."
  6. ^ Ύμνος εις την Ελευθερίαν stixoi
  7. ^ Ύμνος εις την Ελευθερίαν sansimera
  8. ^ Greek language, Modern Papaloizos, Theodore.
  9. ^ THE NATIONAL ANTHEM Presidency.gr