自由思想家人民党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ドイツの旗 ドイツ帝国政党
自由思想家人民党
Freisinnige Volkspartei
成立年月日 1893年5月
前身政党 ドイツ自由思想家党左派
解散年月日 1910年3月
解散理由 自由思想家連合ドイツ人民党ドイツ語版と合併して新党結成
後継政党 進歩人民党
政治的思想・立場 自由主義左派[1]
テンプレートを表示

自由思想家人民党ドイツ語: Freisinnige Volkspartei、略称FVp)は、帝政期のドイツの自由主義左派政党。1893年ドイツ自由思想家党(DFP)左派により結党された。当初はオイゲン・リヒタードイツ語版の指導下艦隊法や植民地政策に反対したが、1906年のリヒターの死後賛成に転じた。1910年には自由思想家連合ドイツ人民党ドイツ語版と合同して進歩人民党(FVP)に改組された。

党史[編集]

オイゲン・リヒタードイツ語版

1892年末、首相レオ・フォン・カプリヴィは将来予想される二正面作戦に備えた陸軍増強案を帝国議会に提出。中央党や自由主義勢力が受け入れやすいように3年兵役制を2年に、7年制予算も5年に短縮した。しかしこの法案は激しい反発を招き、1893年5月6日に否決されたため、カプリヴィは帝国議会を解散した。この採決の際に自由主義左派政党ドイツ自由思想家党(DFP)は投票が分裂し、党内中道派が法案が賛成する一方、党首オイゲン・リヒタードイツ語版をはじめとする党内左派は法案に反対した。そのため総選挙を前にして党分裂が不可避となり、法案賛成派は自由思想家連合を結成し、法案反対派は自由思想家人民党を結成することになった。この影響で直後の選挙は両党合わせても66議席から37議席に激減した[2]

その後も自由思想家人民党はリヒターの指導の下に艦隊法や植民地政策などに反対していたが、1906年3月にリヒターが死去すると党の方針は変化し、艦隊法や植民地政策に賛成するようになった[3]。またリヒターは自由思想家連合やドイツ人民党ドイツ語版との自由主義左派政党の結集に反対する立場だったが、彼の死去により結集の機運が高まった[4]

ベルンハルト・フォン・ビューロー首相下の1907年帝国議会選挙ドイツ語版ドイツ領南西アフリカコイコイ人(ホッテントット族)の反乱に伴う追加軍事予算の是非を巡って争われ、「ホッテントット選挙」と呼ばれた。植民地政策に賛成する政党が大勝)の後には自由思想家人民党は自由思想家連合やドイツ人民党とともに合同議員団を編成し、少なくとも植民地問題や対外問題においては政府を支持する勢力となった[3]

議員団合同により三党は急速に接近した[5]。またこれまで自由主義左派は三党に分裂していたために議会外の基盤が弱い弱点があったが、1909年6月には自由主義左派勢力の基盤となるリベラル商工業界利益団体ハンザ同盟ドイツ語版が結成された[6]。こうした背景から1910年3月6日には自由主義左派三党が合同して進歩人民党(FVP)を結成することになった[5]

帝国議会選挙の党勢[編集]

選挙日 得票 得票率 得票順位 獲得議席(総議席) 議席順位
1893年6月15日ドイツ語版 666,400票 8.7% 第5党[注釈 1] 24議席(397議席) 第6党[注釈 2]
1898年6月16日ドイツ語版 558,300票 7.2% 第5党[注釈 3] 29議席(397議席) 第5党[注釈 4]
1903年6月16日ドイツ語版 538,200票 5.7% 第5党[注釈 3] 21議席(397議席) 第5党[注釈 5]
1907年1月25日ドイツ語版 736,000票 6.5% 第5党[注釈 3] 28議席(397議席) 第5党[注釈 6]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ドイツ社会民主党(SPD)、中央党(Zentrum)、ドイツ保守党(DKP)、国民自由党(NLP)に次ぐ
  2. ^ 中央党(Zentrum)、ドイツ保守党(DKP)、国民自由党(NLP)、ドイツ社会民主党(SPD)、ドイツ帝国党(DRP)に次ぐ
  3. ^ a b c ドイツ社会民主党(SPD)、中央党(Zentrum)、国民自由党(NLP)、ドイツ保守党(DKP)に次ぐ
  4. ^ 中央党(Zentrum)、ドイツ社会民主党(SPD)、ドイツ保守党(DKP)、国民自由党(NLP)に次ぐ
  5. ^ 中央党(Zentrum)、ドイツ社会民主党(SPD)、ドイツ保守党(DKP)、国民自由党(NLP)に次ぐ。ドイツ帝国党(DRP)と並ぶ
  6. ^ 中央党(Zentrum)、ドイツ保守党(DKP)、国民自由党(NLP)、ドイツ社会民主党(SPD)に次ぐ

出典[編集]

参考文献[編集]

  • 飯田芳弘『指導者なきドイツ帝国―ヴィルヘルム期ライヒ政治の変容と隘路』東京大学出版会、1999年。ISBN 978-4130360968。
  • ヴェーラー, ハンス・ウルリヒ『ドイツ帝国 1871‐1918年』大野英二、肥前栄一訳、未來社、1983年。ISBN 978-4624110666。
  • 成瀬治山田欣吾木村靖二『ドイツ史〈3〉1890年~現在』山川出版社〈世界歴史大系〉、1997年。ISBN 978-4634461406。