自由旅行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

自由旅行(じゆうりょこう)とは旅行形態の一種であり、旅行者自身が旅行計画を策定し、事前の予約をしないかまたは一部の予約のみで旅行することである。

歴史[編集]

戦後、海外旅行が自由化された1964年以降、当初は海外旅行といえば大手旅行会社が企画するパッケージツアー(=募集型企画旅行)に参加するのが一般的であった。1970年代になると、正規の販売ルートを通さない格安航空券が流通しはじめ、海外へのハードルが一気に低くなった。若者たちの間では安価に海外へ渡航し、鉄道やバスの切符を現地で購入したりヒッチハイクで移動し、ユースホステル野宿をしながら旅行することが流行し、「貧乏旅行」という言葉も生まれた。

格安航空券を扱う旅行会社どうしの対立や、「貧乏旅行」への社会的批判もあったが、学生フリーターなどの若者の圧倒的な人気を背景に、1980年代には大手旅行会社も格安航空券を積極的に扱うようになった。

それにしたがい、航空券、ホテル、観光等の手配を旅行会社に依頼する受注型企画旅行手配旅行と呼ばれる旅行形態も出現した。これはいわば「パッケージツアー」と「貧乏旅行」の中間に位置するものであった。そこで、旅行会社の手を借りない自力旅行者のプライドを込めてその旅行形態を「自由旅行」と呼ぶようになった。以上の経緯から、パッケージツアーをはじめとする旅行会社まかせの旅行者を少々軽蔑する意味も込められている。

近年になって旅行形態がますます多様化するにつれ、パッケージツアー(募集型企画旅行)、受注型企画旅行、手配旅行、自由旅行の厳密な区別は困難になってきている。

個人旅行との関係[編集]

旅行形態を、その参加人数によって団体旅行個人旅行に区別する方法もある。個人旅行と自由旅行は類似の概念ではあるが、同義ではない。個人旅行であっても、旅行会社に手配を依頼する場合は受注型企画旅行または手配旅行に含まれ、自由旅行とは呼べないからである。

英語でも、自由旅行は"independent travel"、個人旅行は"individual tour"と区別される。なお、旅行業界で"F.I.T."とは個人旅行("foreign individual tour")を意味する。

関連項目[編集]