自由日本放送

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

自由日本放送(じゆうにほんほうそう)は、1950年代前半に武装闘争路線をとった日本共産党の〈所感派〉分派で、中国亡命していた北京機関の指導の下で北京に設けた地下放送局

概要[編集]

サンフランシスコ講和条約発効後の1952年5月1日に開局。

地下放送局の構想は1951年頃からあり、伊藤律が「自由日本放送」と命名し準備が進められた。放送の実務はレッドパージ日本放送協会(NHK)を追放された藤井冠次が担当した。

ISは用いず、放送開始には管弦楽による「インターナショナル」のカラオケが用いられた。これはこの放送のためにモスクワで録音されたものである。また中波放送開始時には「平和を守れ」を中央合唱団の歌により放送されたことがあった。

番組表[編集]

初期は20.30-21.00の30分のみであったが、中波放送開始時に時間帯を増やした。

  • 05.30-06.00 ニュース・歌・解説(前日の再放送
  • 20.30-21.30 ニュース・歌・解説
  • 22.00-22.30 ニュース・文芸・音楽
  • 22.30-22.50 学習の時間(党活動家向放送)
  • 23.30-24.00 文芸・音楽など(再放送)

略歴[編集]

参考文献[編集]

  • 兵本達吉『日本共産党の戦後秘史』産経新聞社 2005年
  • 藤井冠次『伊藤律と北京・徳田機関』三一書房、1980年
    • 本書の内容には信憑性の点で問題がある点には留意が必要(詳細は伊藤の項目を参照)。

関連項目[編集]