自見英子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
自見 英子
Jimi Hanako (2019).png
厚生労働大臣政務官就任時
生年月日 (1976-02-15) 1976年2月15日(43歳)
出生地 日本の旗 長崎県佐世保市
出身校 筑波大学第3学群国際総合学類国際関係学主専攻
東海大学医学部医学科
前職 小児科医
所属政党 自由民主党
称号 国際関係学士
医学士
医師免許
小児科学会認定専門医
国会議員政策担当秘書資格
親族 父・自見庄三郎
公式サイト 自見英子(じみはなこ) オフィシャルサイト

選挙区 比例区
当選回数 1回
在任期間 2016年7月26日 - 現職
テンプレートを表示

自見 英子(じみ はなこ、1976年2月15日 ‐ )は、日本政治家医師自由民主党所属の参議院議員(1期)、厚生労働大臣政務官

父は元衆議院議員参議院議員郵政大臣、医師の自見庄三郎

来歴[編集]

長崎県佐世保市生まれ、福岡県北九州市育ち[1][2]1988年3月、福岡県北九州市立霧丘小学校1991年3月、明治学園中学校1994年ブルックライン高等学校アメリカ合衆国マサチューセッツ州ブルックライン)、1998年3月、筑波大学第三学群国際関係学類、2004年3月、東海大学医学部卒業。

卒業後、東海大学医学部付属病院初期研修医[2]2006年池上総合病院内科後期研修医[2]2007年東京大学医学部小児科入局・同附属病院小児科勤務[2]2008年青梅市立総合病院小児科[2]2009年虎の門病院小児科~現在(非常勤)[2]

2010年から、父親である自見庄三郎の議員秘書を2013年7月迄務める[3]

2013年、NPO法人日本子育てアドバイザー協会理事[2]。2014年12月24日、第24回参議院議員通常選挙日本医師会傘下の政治団体である日本医師連盟の組織内候補として擁立され[4]2015年、自民党参議院比例区(全国区)支部長、日本医師会男女共同参画委員会委員、日本医師連盟参与、日本小児科医連盟参与、東海大学医学部医学科客員講師となる[2]

2016年7月10日の第24回参議院議員通常選挙にて比例区枠で立候補し初当選した[5][6]

2019年9月13日第4次安倍第2次改造内閣厚生労働大臣政務官に就任[7]

現在、東京都在住。

政策[編集]

  • 誰もが安心して必要な医療・介護・福祉が過不足なく受けられる社会をつくる[8]
    • 国民皆保険制度を守り発展させる。
    • 健康寿命を延伸させる。
    • 医療事故の原因究明と予防策を整備する。
    • 医療産業で働く人が安心して働ける環境を作る。
    • 医療事業者が財務的に適切健全に経営できる税制を整備する。
    • 人々の生命と健康を守るために、医療を営利事業化するための規制緩和に反対する。
    • 医師の偏在、医師・看護師の不足を解消する。
    • 災害の被災地の復興支援に取り組む。
    • 災害時にも医療・介護を提供できる制度を作る。
  • 地域に密着した保健・医療・介護提供体制をつくり地域包括ケアシステムをつくる[8]
    • かかりつけ医が地域の人々を支える制度を作る。
    • 地域の中で生涯、急性期から在宅まで、保健・医療・介護を連携して提供する制度を作る。
  • 子ども・子育て支援、女性の力がさらに発揮される社会をつくる[8]
    • 男女共同参画を進める。
    • 地域の中で支えあい子育てを支援する制度を作る。
    • 女性医師、医療産業女性職員の復職支援制度を作る。
    • 医療産業の事業所内の保育園を拡充する。
    • 学校における保健・医療に関する教育を充実させる。

主張[編集]

主な役職[編集]

  • NPO法人日本子育てアドバイザー協会理事
  • 自民党参議院比例区(全国区)支部長[2]
  • 日本医師会男女共同参画委員会委員[2]
  • 日本医師連盟参与日本小児科医連盟参与[2]
  • 東海大学医学部医学科客員講師[2]
  • 公益社団法人日本小児科学会認定小児科専門医[10]

出演番組[編集]

ラジオ[編集]

現在[編集]

過去[編集]

  • 自見はなこのメディカル&ヘルスカフェ(ラジオNIKKEI第1放送)- 2016年1月6日 - 2016年2月24日

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

公職
先代:
新谷正義
日本の旗 厚生労働大臣政務官
小島敏文と共同
2019年 -
次代:
現職