自販機本

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マジックミラー的からくり
京都北白川(2001年)

自販機本(じはんきぼん)とは、1970年代中頃から1980年代中頃まで自動販売機で売られていた成人向け雑誌である。ビニ本アダルトビデオといったエロメディアが登場するまで、日本のエロ文化の中核を担った。

概要[編集]

1970年代を中心に、自動販売機で販売されたエロ雑誌があり、これを自販機本(じはんきぼん)と称した。自販機本は配本の都合上、おおむねB5版で64頁程度のものであり[1]、ヌードグラビアと記事から構成されていた[2]

自販機本は、書店の流通経路とは別に、自販機用の特殊な流通経路に乗っており、通常の書店では一切扱われなかった[2]。また販売員と対面することなく買えた上に、一般誌には出ないヌードモデルも多く、いわゆるエロ本が多く発売されるようになる前から人気を集めていた。

最盛期の1980年には月に43誌を刊行、月産発行部数は推定165~450万部に上った[2][3]。販売網も日本全国が対象で、2万台以上の自販機が設置されていた[2]。最盛期には「現金回収車のショックアブソーバー百円玉の重みでぶっ壊れた」という伝説が語り継がれるほどの人気ぶりを見せ[4][5]、多忙を極めた印刷所では女性器陰毛を消し忘れるというミスを頻発し、エルシー企画の神崎夢現はヒッピー仲間を集めて一晩で3万部以上の自販機本にマジックインキで修正を入れたというエピソードもある[2]

販売期間はわずか3日程度で発売日などの宣伝もなかったが、発行部数は1冊あたり平均3万部を記録した[2]。これは当時の日本にはエロメディアの絶対量が不足しており、一定量のエロ要素が載っていれば内容は問われず、大半が作れば売れていた為である[2]。そのため「表紙にポルノさえ載せておけば、あとは何をやってもいい」という自由な方針の版元も多かった[2]。また好き放題な誌面づくりが出来た背景には、自販機本出版社の経営者編集者の多くが1960年代後半に学生運動を体験した元全共闘世代で、革命的な誌面づくりに寛容だったことが理由として挙げられている[6]

特に高杉弾山崎春美らが中心となって編集した伝説的自販機本『Jam』『HEAVEN』(エルシー企画アリス出版群雄社出版)では、「エロ」以上にカウンターカルチャーとしての性質が強く、そのアナーキーな誌面づくりから、今日ではサブカル雑誌の先駆けとみなされている[6]。また同誌では創刊にあたり山口百恵宅のゴミ漁りを決行し、誌面でファンレターや使用済み生理用品を「芸能人ゴミあさりシリーズ」と題して大々的に公開し、注目を集めた[2]。本誌は表紙とグラビアだけ「エロ」で中身はパンクアングラなどサブカルチャー系の記事・情報がメインであり、ドラッグ特集をはじめ、インディーズパンクカルトムービーの紹介、果ては皇室臨済禅プロレス神秘主義まで取り上げ、一般の商業誌では到底不可能なアヴァンギャルドな誌面を実現すると共に、漫画コーナーでは渡辺和博などのヘタウマ作家を起用、漫画家をやめていた蛭子能収を再デビューさせたことでも知られている[2]。このように、自販機本はエロ文化のみならず、当時のアンダーグラウンド若者文化の一端を担うことにつながった[6]

衰退[編集]

1980年頃よりビニール本(ビニ本)と呼ばれる性器陰毛の修正が薄い過激なエロ本が登場したこともあり、自販機本は縮小、衰退の道を辿った[2]。また未成年者が自由に購入できる自販機のエロ本は、しばしばPTA警察当局の目の敵にされ、自販機での出版物販売に対しての規制強化が年々進んだ。

1980年には日本PTA全国協議会が、有害図書販売規制立法請願を国会に提出し[7]、43都道府県地方公共団体青少年保護育成条例による条例制定を行った[8]。これが決定打となり、1980年代中頃、ついに自販機本は絶滅に追い込まれた[2]

なお現在も、店の外側に自販機を置き、営業時間外でも雑誌を買えるようにしている書店や、アダルトグッズ専用の自販機にエロ本が紛れているなどのケースもあるが、これは店頭売りの雑誌を単に自販機に収容しただけで、自販機用に作られたエロ本ではなく、通常これらは「自販機本」とはいわない[2]。今では約500の自販機がエロ本やDVDを販売するのみである[3]

特徴[編集]

日本のエロ文化黎明期の出版物であり、後の成人向け雑誌と比較すると次のような特徴がある。

  • フェラチオ性交など性行為が擬似であったり、精液も写していないことが多い。
  • モデルの着用する下着は透けておらず、陰毛も写していない。
  • ヌードグラビアには、性的イメージを膨らませるための文章やコピーが添えられていることが多い。
  • カラーグラビアは本の前半のみで、後半は文章記事が主だった(また後半は紙質も悪かった)。
  • 基本的に粗製濫造な作りで戦後流通したカストリ雑誌の雰囲気に近い[6]。また奥付や発行年月日の記載が無いものが多く、中には発行元が架空名義だったり、通しナンバーが入れ替わっているものもある。
  • かつて存在した雑誌倫理研究会(雑倫)の自主規制で、当時はエロ本セーラー服を出すことが固く禁じられていたが、特殊な流通経路を持つ自販機本出版社は雑倫に所属しておらず、逆にそれを武器にして売り上げを伸ばしていた[9]
  • 表紙がソフトな雑誌ほど自動販売機に入れることが出来たため[2]、条例の厳しい地区では余り過激でない裏表紙を表にすることが多かったという[3]。そのため、自販機本は基本的に裏表どちらにもタイトルが大きく打たれている[3]
  • 内容は大きく分けてヌードグラビアが売り物の実話誌エロ劇画がメインの三流劇画誌が中心だった[6]全共闘世代の編集者たちが『漫画大快楽』『劇画アリス』『漫画エロジェニカ』を中心にエロ本で漫画表現に革命を起こそうとした「三流劇画ムーブメント」あるいは「劇画全共闘」の詳細については「エロ劇画誌」および「ニューウェーブ (漫画)」を参照。
  • 自販機本という性質上、読者が中身を吟味して購入することが不可能であり、そのため表紙とグラビアページだけポルノ風に作り、残りの一色記事は「別に誰も読まないから」という理屈から、一部の版元は編集者ライターに好き放題な記事を書かせていた[2]。これは編集者側からしたら極めて自由な雑誌作りが出来たため、版元の自由な社風を慕って業界入りした編集者や作家も数多く存在する。著名な業界出身者に高杉弾山崎春美佐山哲郎三浦和義亀和田武川端幹人米澤嘉博蛭子能収山本直樹竹熊健太郎藤原カムイ桜沢エリカ香山リカ田口トモロヲ杉作J太郎、清水おさむなどがいる。
  • またすでにメジャー少年誌で活動していた吾妻ひでお1979年からエロ劇画誌劇画アリス』に「不条理日記」を、1980年からは『少女アリス』に「純文学シリーズ」を連載した。前者はいわゆる不条理漫画の草分けであり、後者は商業誌におけるロリコン漫画の先駆けといわれている[10]。メジャー誌出身の漫画家が自販機ポルノ誌に進出したことは周囲に衝撃を与え、吾妻は商業誌同人誌ともに1980年代のロリコンブームの立役者とみなされている。

参考文献[編集]

  • 北村四郎『ビニール本の恋びとたち2』二見書房 1981年
  • 高杉弾『霊的衝動 100万人のポルノ』朝日出版社 1985年
    • Jam』『HEAVEN』を通しての自販機本やビニ本AVなど国内のエロメディアの変遷とその周辺にまつわるサブカル史を綴った書。
  • 青林堂月刊漫画ガロ1993年9月「特集/三流エロ雑誌の黄金時代」
  • 川本耕次『ポルノ雑誌の昭和史』ちくま新書 2011年
  • 本橋信宏+東良美季『エロ本黄金時代』河出書房新社 2015年
  • 黒沢哲哉『全国版 あの日のエロ本自販機探訪記』双葉社 2017年
  • 竹熊健太郎、但馬オサム「自動販売機と青春―エロ本は僕らの学校だった」、『Quick Japan』第12巻、 127 - 140頁。
  • 竹熊健太郎「天国桟敷の人々─エロ本三国志① 自動販売機本の黎明期と『JAM』の出現」、『Quick Japan』第13巻、 124 - 126頁。
  • 竹熊健太郎、佐山哲郎「天国桟敷の人々─エロ本三国志② 自動販売機本の黎明期と『JAM』の出現⑵」、『Quick Japan』第14巻、 150 - 153頁。
  • 竹熊健太郎、佐山哲郎、小向一實「天国桟敷の人々─エロ本三国志③ 小向一實とアリス出版」、『Quick Japan』第15巻、 170 - 175頁。
  • 但馬オサム、佐山哲郎「天国桟敷の人々─エロ本三国志④ 群雄社設立とビニール本の時代」、『Quick Japan』第16巻、 180 - 183頁。
  • 但馬オサム、木村昭二「天国桟敷の人々─エロ本三国志⑤ 群雄社メジャー路線の野望と挫折」、『Quick Japan』第19巻、 192 - 195頁。
  • エディトリアル・デパートメント『SPECTATOR』vol.39「パンクマガジン『Jam』の神話」幻冬舎 2017年

脚注[編集]

  1. ^ 川本耕次『ポルノ雑誌の昭和史』ちくま新書 2011年 80-81頁
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o エディトリアル・デパートメント編『Spectator』vol.39「パンクマガジン『Jam』の神話」幻冬舎 2017年
  3. ^ a b c d 自販機本雑誌の搬入 人目のつかない夜に猛スピードでやった”. 岡野誠. 小学館週刊ポスト』2018年3月9日号 (2018年3月1日). 2018年3月5日閲覧。
  4. ^ 竹熊 1997, p. 126.
  5. ^ 黒沢哲哉『全国版 あの日のエロ本自販機探訪記』双葉社 2017年 19頁
  6. ^ a b c d e 特別連載 ダーティ・松本×永山薫 エロ魂!と我が棲春の日々(9)
  7. ^ 川本耕次『ポルノ雑誌の昭和史』ちくま新書 2011年 120頁
  8. ^ 奥平康弘『青少年保護条例・公安条例』学陽書房 1981年
  9. ^ 川本耕次『ポルノ雑誌の昭和史』ちくま新書 2011年 125頁
  10. ^ 川本耕次『ポルノ雑誌の昭和史』ちくま新書 2011年 112-119頁

関連雑誌[編集]

関連会社[編集]

関連人物[編集]