自遊人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
自遊人
ジャンル lifestyle
発売国 日本
定価 980円(税込)
出版社 株式会社自遊人
発行人 岩佐十良
編集長 岩佐十良
副編集長 吉澤早苗
雑誌名コード 15177
刊行期間 2000年11月(創刊号) - 現在
発行部数 165,000部(2009年7月)
姉妹誌 『温泉図鑑』(不定期刊行・発行部数:125,000部)・『SPRAY』(不定期刊行・発行部数:60,000部)・『お取り寄せ帖』(不定期刊行・発行部数:60,000部) ほか別冊。
ウェブサイト http://jiyujin.co.jp/

株式会社自遊人じゆうじん)は、新潟県南魚沼市に本拠地を置く異色のメディア・クリエイション・カンパニー。「Ecological. Creative. Organic. We're designing lifestyles.」をテーマにした雑誌「自遊人」を発行するほか、「米一粒がメディアである」というコンセプトから「オーガニック・エクスプレス」を運営、自ら農業法人を立ち上げて米作りも行っている。2014年には「宿泊施設は体感メディア」というコンセプトのもと、大沢山温泉に「里山十帖」をオープン。グッドデザイン賞を受賞したほか、グッドデザインBEST100に選出、ものづくりデザイン賞も受賞した。海外でも斬新なコンセプトの評価が高く、「SINGAPORE GOOD DESIGN AWARD 2014」を受賞している。

主力事業は『オーガニック・エキスプレス』『里山十帖』。とくに今後は『里山十帖』をモデルとした“ライフスタイル提案型複合施設”の展開に注力するとし、「今後10年で10拠点を目指す」と発表している。

なお、「自遊人」は株式会社自遊人の登録商標である。

事業所[編集]

会社の創業は1989年。もともと東京・日本橋に本社を構えていたが、2004年に新潟・南魚沼に移転。そのライフスタイルが注目され、『情熱大陸[1]や『ソロモン流[2]などで、代表者の岩佐十良が紹介される。
「もともと東京・日本橋にあったオフィスを新潟・南魚沼に移したのは2004年のこと。オフィスの目の前は「大月ほたるの里」という自然公園で、6月には窓を開けておくと、部屋にホタルが入ってくるほどです。」- facebookより。

新潟県南魚沼市大月1012-1
新潟県南魚沼市大沢1209-6(『里山十帖』
東京都中央区日本橋2-17-6
兵庫県丹波市柏原町柏原1057-1

沿革[編集]

  • 1989年5月 代表者の岩佐十良武蔵野美術大学在学中にデザイン会社として創業。当初の業務はグラフィックデザイン&空間デザイン。
  • 1990年12月 主たる業務を雑誌の編集・制作に変更。
  • 1995年10月 広告代理店部門を設立。おもに観光地の市町村、旅館、ホテルなどに企画提案を行う。
  • 2000年11月 雑誌[[3] 「自遊人」]を創刊。
  • 2002年6月「米ひと粒がメディアになる」というコンセプトの元、「農家限定のお米」をインターネットで販売開始。その後、木桶味噌ブームを仕掛けるなど、さまざまな商品を雑誌、ネット連動で世の中に提供する。」[[4] 『オーガニック・エキスプレス』]のスタート。
  • 2002年8月 『DEAN&DELUCA』が日本での事業開始と同時に、当社の食品数品目を採用。その後、高級スーパーや自然食品店に卸売販売、PB供給を開始。
  • 2004年6月 東京・日本橋から新潟・南魚沼に一部移転。米作りを始める。
  • 2005年5月 新潟県中越地震後の山古志村で米作りボランティア開始。
  • 2006年1月 一部機能を残して、新潟・南魚沼に全面移転。
  • 2007年6月 タカシマヤと自遊人とのコラボレーションカタログ「我が家でごちそう」発行。すべての商品開発を受託。
  • 2008年4月 大和証券の株主優待プログラム運営を現・株式会社「自遊人の暮らし」が受託。すべての商品開発、発送、個人情報管理、コールセンター、印刷物制作などを受託。
  • 2008年10月 ミシュランガイド東京三ッ星の「日本料理かんだ」「玄冶店 濱田家」京都「美山荘」など、飲食店へのお米、農産物加工品の納品が始まる。
  • 2010年4月 農業生産法人を取得。「自遊人ファーム」設立。
  • 2011年6月 兵庫県丹波市に新物流倉庫を開設。
  • 2011年7月 東京交通会館内に「米屋 自遊人」をオープン(2013年に閉店)。
  • 2013年10月 『オーガニック・エキスプレス』が[[5] 「フード・アクション・ニッポンアワード2013 流通部門優秀賞」]を受賞。
  • 2014年5月 新潟県大沢山温泉に『里山十帖』をグランドオープン。
  • 2014年10月 里山十帖が[[6]グッドデザイン賞 ]「BEST100」選出。「ものづくりデザイン賞」(中小企業庁長官賞)受賞。
  • 2015年4月 里山十帖がアジアを代表するデザインアワード [[7]「シンガポールグッドデザインアワード」]受賞。

事業内容[編集]

雑誌「自遊人」
「Ecological. Creative. Organic. We're designing lifestyles.」をテーマにしたライフスタイルマガジン。創刊は2000年。発行部数は最大16万5000部で、ジャンル2位という記録を残す。とくに温泉と食にこだわりを持ち、ファンも多い。近年ではオーガニック・ライフスタイルをテーマに、情報感度が高く発信力のある読者の絞り込みを行い、新たな雑誌メディアの方向性を模索している。

オーガニック・エクスプレス
2002年、雑誌「自遊人」のお米特集から始まった企画。本当に美味しいお米を追求した結果、それらが販売されていないことがわかり、自社で仕入れ・販売することを決意。雑誌連動型の食品販売事業がスタートした。現在では兵庫県丹波市にも拠点を構え、有機無農薬栽培の野菜の集荷・発送を行っている。

里山十帖
2014年、南魚沼市大沢山温泉に開業した「ライフスタイル提案型複合施設」。「宿泊施設は体感メディア」というコンセプトで、十帖は十の物語という意味。宿には10の体感型特集が詰まっている。とくに食文化の発信には積極的で、希少な新潟の伝統野菜がここには一堂に集う。

コンサルティング&プロデュース事業
里山十帖やオーガニック・エクスプレスで培ったノウハウをベースに、コンサルティング&プロデュース事業を展開する。とくに観光や宿泊施設、農産物のブランディングに特化して営業している。今まで手がけた例として、群馬・長野・新潟県境で活動する[[8] 「雪国A級グルメ」]、鹿教湯温泉「三水館」島根県邑南町「A級グルメ基準作成」「石見紅茶」、新潟県を走行するえちごトキめき鉄道のリゾート列車「えちごトキめきリゾート雪月花」(株式会社イチバンセンと共同プロデュース)などが挙げられる。

AG304プロジェクト
「AG」とは「A級Gourmet」の略。304は廃藩置県直前の府藩県の数。またA級グルメとは「永久に守りたい味」を指す。「A級グルメ」という言葉が明確になったのは、2010年、新潟・長野・群馬の豪雪地帯にまたがる雪国観光圏で発足した「雪国A級グルメ」が最初。島根県邑南町では2011年から「A級グルメのまち」を名乗るなど、全国に派生。自遊人では現在、A級グルメのプロジェクトを全国に広げることに積極的である。

脚注[編集]

[9] [10] [11]

  1. ^ http://www.mbs.jp/jounetsu/
  2. ^ http://www.tv-tokyo.co.jp/solomon/
  3. ^ http://www.jiyujin.co.jp/magazine/
  4. ^ http://www.jiyujin.co.jp/organic/
  5. ^ http://syokuryo.jp/award/award13/list/distribution.html
  6. ^ https://www.g-mark.org/award/describe/41880?token=0EaDS0HpGh
  7. ^ http://www.sgmark.org
  8. ^ http://www.jiyujin.co.jp/yukiguni/
  9. ^ https://newspicks.com/news/1287330/
  10. ^ http://www.1101.com/keiei_design/satoyama-jujo/index.html
  11. ^ http://dotplace.jp/archives/tag/岩佐十良

関連書籍[編集]

関連項目[編集]