臭素酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
臭素酸
{{{画像alt1}}}
{{{画像alt2}}}
識別情報
CAS登録番号 7789-31-3
特性
化学式 HBrO3
モル質量 128.91g/mol
外観 白色固体
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

臭素酸(しゅうそさん、bromic acid)は臭素オキソ酸の一種で、化学式 HBrO3化合物

塩素酸に性質が似ている。遊離酸は単離できない。臭素は5価。遊離酸としての臭素酸は臭素酸アルミニウムなどの水溶液に希硫酸を作用させると得られる

[編集]

臭素酸塩は酸化性固体で、危険物第1類

安全性[編集]

臭素酸には発がん性が認められており、水道水やミネラルウォーター類(殺菌・除菌有)の成分規格では、0.01 mg/L 以下と定められている[1][2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 清涼飲料水等に係る規格基準の一部改正について (PDF)”. 薬事・食品衛生審議会食品衛生分科会 食品規格部会報告書. 厚生労働省 (2018年9月7日). 2019年2月23日閲覧。
  2. ^ 臭素酸 - 食品安全委員会 (PDF)”. 第261回食品安全委員会. 食品安全委員会 (2008年11月6日). 2019年2月23日閲覧。

関連項目[編集]