致死量

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

物質や電磁波の致死量(ちしりょう)とは摂取・被曝すると死に至る量。急性毒性試験や、中毒事例などにより求められる。

概要[編集]

ある物質についての致死量は、動物の種類、成長段階、健康状態、摂取方法(経口・皮下注射・ガスエアロゾルとしての吸引・皮膚接触、静脈注射、腹腔内投与など)によって極めて多様に変化する。極論をいえば、致死量は個体・物質の摂取時期によって異なるため確定した値を求めることは厳密には不可能である。

そこで、目安として、半数致死量という概念が一般的に用いられている。これは、「ある物質を-ある状態の動物に与えた場合-その半数が死に至る量」を示す。なお、半数致死量はしばしばLD50(50% Lethal Doseの略)と簡略化して書かれる。対象がガス体などである場合や水中生物に対する影響を評価する場合には半数致死濃度LC50(50% Lethal Concentration)などを用いる。

急性毒性の強さを表す方法としては、他に最小致死量・最小中毒量などがある。

特に、安全性を評価する場合については、最小致死量LDLo (Lowest published lethal dose) や最低致死濃度LCLo (Lowest Published Lethal Concentration) および最小中毒量(TDLo; Toxic Dose Lowest もしくはMTL; Minimum Toxic Level)などを用いる。

放射線被曝の場合の致死量は、吸収線量値を利用して評価する場合が多い。単位はシーベルトである。

半数致死量の表記例を以下に示した

シアン化カリウム LD50=7 mg/kg(ハムスター・成体・経口)

この例は、「シアン化カリウム(青酸カリ)を複数のハムスター成体に体重1 kgあたり7 mgを経口投与すると半数が死に至る」ことを示す。

これらのデータは動物実験の他、中毒事故の事例・人体実験の結果(ナチス・ドイツのものなどが存在)などから得られたものである。既に挙げたように致死量はコンディションによって大きく変動するため、安全性を確保するためには既知の致死量に対して1-3桁程度のマージンを確保する必要がある。化学物質を薬剤として用いる場合には、薬効量と致死量の間に大きな差があることが望ましい。

毒物及び劇物取締法における毒物、劇物の指定審査過程では、経口投与の半数致死量を基準とし、LD50=50 mg/kg以下程度を毒物、LD50=300 mg/kg以下程度を劇物としている(毒物及び劇物取締法#判定基準に詳細な記述がある)。

なお、現在では正確な半数致死量を求めることは行われておらず、概算値を求めるのみになっている。これは、正確な値を求めることに学術上の意義が無いことと、動物福祉の観点から使用動物数を削減したことによる。

各物質における致死量[編集]

名称 半数致死量(mg/kg) 含有するもの・用途 出典・備考等
ボツリヌストキシン(A) 0.000000015~0.00000037 ボツリヌス菌 [1]より。資料により非常に幅が大きい。
ポロニウム 0.0000056~0.00037 放射線元素
テタヌストキシン 0.000002 破傷風菌
マイトトキシン 0.00005~0.000128 有毒渦鞭毛藻
パリトキシン 0.00025 スナギンチャク
ダイオキシン(2,3,7,8-TCDD) 0.0006~0.002 産業副産物 [2]などより。種による特異性などを含め緒論あり。
ベロトキシン 0.001 病原性大腸菌・赤痢菌等
VX 0.002~0.02 化学兵器 下の濃度の項も参照
テトロドトキシン 0.01 フグ他
リシン 0.03 トウゴマ
プルトニウム 0.05 放射性元素
ミクロシスチン 0.05 藍藻 [3]
アコニチン 0.05~0.1 トリカブト
α-アマニチン 0.1 毒キノコ(ドクツルタケ等) [4]
モノフルオロ酢酸 0.1 殺鼠剤 [5]
サリン 0.35 化学兵器 [6]
d-ツボクラリン 0.6 クラーレ、矢毒
コルヒチン 0.6 イヌサフラン他・医薬 [7]
ストリキニーネ 0.6~2 マチン、殺鼠剤
ニコチン 1~7 タバコ
シアン化カリウム 3~7 試薬(いわゆる「青酸カリ」)
亜砒酸ナトリウム 10 試薬(いわゆる「ヒ素」)
パラチオン 10 農薬(有機リン系)
黄リン 10 試薬 [8]
塩化カリウム 10~15
メタミドホス 10~30 農薬(有機リン系)
塩化スキサメトニウム 10~50 筋弛緩剤 [9]
ビタミンD 22 栄養素
毒薬毒物の境界値 30
酢酸タリウム 30~40 試薬 [10]
アミロペクチン 30~5000 食品添加物 加工形態による毒性変化が高いため極めて危険な状態がある事が指摘されている

例:喉に詰まりやすい状態に加工した上での毒性試験[11][出典無効][要検証]

アジ化ナトリウム 46 試薬 [12]
DDT 110 農薬(有機塩素系) [13]
モルヒネ 120~500 ケシ麻薬
メタンフェタミン 135 覚醒剤
カフェイン 200 茶・コーヒー等
トリフルオロ酢酸 200 試薬 [14]
パラコート 250 除草剤(ピリジニウム系) [15]
マラチオン 250~600 農薬(有機リン系) [16]
メタノール 250~600 燃料など
劇薬劇物の境界値 300
2,4-D 375~666 除草剤(有機塩素系)
アセチルサリチル酸 400 医薬(アスピリンなど)
スコポラミン 1200 チョウセンアサガオ等・医薬
ホウ酸 2000~4000 試薬・医薬 [17]
塩化マグネシウム 2800~4700 にがりの主成分 [18]
塩化ナトリウム 3000~3500 食塩
エタノール 5000~14000 酒類 非常に個人差が大きい
ビタミンC 12000 栄養素
砂糖 15000~36000
純水 86000~360000 水中毒参照
名称 半数致死濃度(ppm) 含有するもの・用途 出典・備考等
VXガス 0.2~0.3 化学兵器
サリン 1.2 化学兵器
イペリット 23 化学兵器
ジボラン 29, 40 半導体製造用 マウス・4 h, ラット・4 h[19]
ホスゲン 79 工業原料・化学兵器 [20]
シアン化水素 180 工業原料・化学兵器
アルシン 250 mg/m3, 600 mg/m3 半導体製造用 マウス・10 min、サル・10 min[21]
硫化水素 500~800 火山ガスなど 1h
塩素 655 工業原料・化学兵器
クロロアセトフェノン 1400 催涙ガス 1 h
一酸化炭素 1500 有機物の不完全燃焼 1 h
シラン 9600 半導体製造用 マウス・4 h[22]
二酸化炭素 100000~150000 1h