臼井日出男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
臼井 日出男
うすい ひでお
Hideo Usui.jpg
生年月日 (1939-01-03) 1939年1月3日(81歳)
出生地 千葉県千葉市
出身校 中央大学経済学部卒業
前職 東京日野ヂーゼル従業員
所属政党 自由民主党
称号 旭日大綬章
衆議院永年在職議員
経済学士(中央大学・1961年
全日本剣道連盟剣道六段
親族 父・臼井荘一(衆議院議員)
長男・臼井正一(千葉県議会議員)

日本の旗 第67・68代 法務大臣
内閣 小渕第2次改造内閣
第1次森内閣
在任期間 1999年10月5日 - 2000年7月4日

日本の旗 第58代 防衛庁長官
内閣 第1次橋本内閣
在任期間 1996年1月11日 - 1996年11月7日

選挙区旧千葉1区→)
千葉1区
当選回数 8回
在任期間 1980年6月22日 - 2003年10月10日
2005年9月11日 - 2009年7月21日
テンプレートを表示

臼井 日出男(うすい ひでお、1939年1月3日 - )は、日本政治家勲等旭日大綬章衆議院議員(8期)、防衛庁長官第58代)、法務大臣(第6768代)を歴任。父の臼井荘一は衆議院議員を務めた。長男の臼井正一は千葉県議会議員。2016年から公益財団法人日本武道館で理事長を務める[1]

経歴[編集]

千葉県千葉市花見川区検見川町出身。千葉大学教育学部附属小学校、千葉大学教育学部附属中学校を卒業後、千葉県立千葉高等学校卒業。中央大学経済学部経済学科卒業[2]

1961年4月、中央大学経済学部を卒業後、東京日野ヂーゼル株式会社に入社[2]。入社は父の口利きであった[3]1967年に退職し、父の衆議院議員臼井荘一の秘書に転じる[2]。当初は国会議員になるつもりはなかったが、兄が仕事を理由に国会議員になることを拒んだため、国会議員を意識し始める[3]1980年、父の跡を継ぎ、第36回衆議院議員総選挙旧千葉1区から出馬して初当選[2]

1996年第1次橋本内閣防衛庁長官に就任し、初入閣。1999年小渕再改造内閣法務大臣に就任[2]首相小渕恵三の危篤により、急遽自由民主党幹事長森喜朗が後継総裁に就任し、事実上の居抜き内閣の形で組閣した第1次森内閣でも法相に留任した。

1980年の初当選以来7回連続で当選していたが、2003年第43回衆議院議員総選挙では千葉1区民主党田嶋要に敗れて落選[4]。しかし、2005年第44回衆議院議員総選挙では千葉1区で田嶋を破り、国政に復帰[5]

2009年第45回衆議院議員総選挙には不出馬の意向を表明し、政界を引退[6][7]。引退に際して、「日本が国際社会に合わせる動きが続いているが、日本独自の立場を守ることはもっと大事だ。」という言葉を残した[6]。引退後、千葉1区から長男で元千葉県議会議員の臼井正一が出馬したものの、次点落選[8]

2016年から公益財団法人日本武道館の理事長を務める[1]

エピソード[編集]

所属していた団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 公益財団法人日本武道館 役員名簿”. 公益財団法人日本武道館. 2020年6月30日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 大臣名簿 法務大臣”. 首相官邸ホームページ. 2020年6月30日閲覧。
  3. ^ a b 会報つきぼし”. 月星会 (2019年3月). 2020年6月30日閲覧。
  4. ^ 千葉1区 - 第43回衆議院議員選挙(衆議院議員総選挙)2003年11月09日投票 | 選挙ドットコム” (日本語). 選挙ドットコム. 2020年6月30日閲覧。
  5. ^ 千葉1区 - 第44回衆議院議員選挙(衆議院議員総選挙)2005年09月11日投票 | 選挙ドットコム” (日本語). 選挙ドットコム. 2020年6月30日閲覧。
  6. ^ a b 引退・不出馬議員の一言:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2020年6月30日閲覧。
  7. ^ 稲毛新聞2008年10月号(2008年10月5日発行)”. www.chiba-shinbun.co.jp. 2020年6月30日閲覧。
  8. ^ 美浜区|うすい正一 オフィシャルサイト|DASH! しょういち”. shoichi.info. 2020年6月30日閲覧。
  9. ^ 第154回国会 法務委員会 請願2239号
  10. ^ 第147回国会 法務委員会 第17号
  11. ^ 秋の叙勲、川淵氏ら4024人に/旭日大綬章に張氏”. 四国新聞社. 2020年6月30日閲覧。
  12. ^ 臼井先輩に旭日大綬章 | 中央大学剣友会”. www.chuo-kendo.net. 2020年6月30日閲覧。
公職
先代:
陣内孝雄
日本の旗 法務大臣
第67・68代:1999年 - 2000年
次代:
保岡興治
先代:
衛藤征士郎
日本の旗 防衛庁長官
第58代:1996年
次代:
久間章生
その他の役職
先代:
塩川正十郎
自由国民会議代表
第4代:2015年 -
次代:
現職