與喜天満神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
與喜天満神社
Yoki-tenman-jinja honden.jpg
本殿
所在地 奈良県桜井市初瀬14
位置 北緯34度32分05.9秒
東経135度54分41.6秒
座標: 北緯34度32分05.9秒 東経135度54分41.6秒
主祭神 菅原道真
社格郷社
創建 946年(天慶9年)
地図
與喜天満神社の位置(奈良県内)
與喜天満神社
與喜天満神社
テンプレートを表示

與喜天満神社(よきてんまんじんじゃ)は、奈良県桜井市初瀬にある神社。旧社格は郷社

祭神[編集]

主祭神
配祀神
  • 天照大神(あまてらすおおかみ)
  • 大倉姫神(おおくらひめのかみ)

歴史[編集]

神社の所在地にある初瀬は、道真の先祖にあたる野見宿禰の出身地とされており、次いで土師氏となり、菅原氏にとってゆかりある土地であったとされている[1]。『長谷寺験記』によると、創建は946年(天慶9年)とされており、後に初瀬の産土神としても信仰されるようになった[1]

摂末社[編集]

文化財[編集]

重要文化財[編集]

  • 木造天神坐像
衣冠束帯姿に「怒り天神」とも呼ばれる引き締めたような表情をした寄木造の坐像であり、像内に「正元元年」(1259年)の銘があることから、現存する国内最古の天神像の彫刻とされている[2]。これまでは本殿にて人目に触れぬよう祀られていたが、現在は奈良国立博物館に保存されている[2]

現地情報[編集]

所在地
交通アクセス

脚注[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]