興山丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
興山丸
基本情報
船種 セメント運搬船
所有者 山機運輸
鉄道建設・運輸施設整備支援機構[1]
運用者 宇部興産海運[2]
建造所 神田造船所
航行区域 沿海区域
IMO番号 9510826[3]
MMSI番号 431001729[3]
経歴
進水 2010年4月2日[4]
竣工 2010年8月[1]
就航 2010年9月[1]
現況 現役
要目
総トン数 14,902トン[2]
載貨重量 20,000トン[2]
全長 160.9m[2]
垂線間長 153.7m[1]
27.8m[2]
深さ 12.8m[2]
喫水 8.90m[2]
主機関 3,850kW×520/127.1min-1×1台[4]
推進器 1,500kW×121min-1×1台[4]
速力 13ノット[2]
テンプレートを表示

興山丸(こうざんまる)は、日本の宇部興産海運が運航するセメント運搬船である。ディーゼルエンジン電気推進を組み合わせたハイブリッド方式を持つ。

特徴[編集]

従来のディーゼルエンジン駆動に電気ポッド推進器を組み合わせた、タンデム・ハイブリッド方式のスーパーエコシップである。ポッド推進器型の回転楕円体の中にモーターを内蔵し、船内に収めた旋回装置で回転させることができる推進装置で、運航中に負荷が大きく変わる船舶を中心に、1990年代から主にヨーロッパで採用実績が増加した[5]。本船では、エンジンにより駆動する従来型のスクリュープロペラの後方に、タンデム型(直列)にポッド推進のプロペラを配置し、二つのプロペラの回転方向を逆にすることで2重反転プロペラの効果を得る。ポッド推進のプロペラを操舵装置として用いることにより、港内の離着桟が格段に容易になる利点もある。前部プロペラには4翼可変ピッチプロペラ、後部プロペラにはナカシマプロペラの5翼固定ピッチプロペラが装備されている。同様のハイブリッド方式を持つ船舶には、カーフェリーの「はまなす」「あかしあ」の実績がある[4]

本船には航海支援システムが搭載され、日本沿岸の気象情報と、海洋研究開発機構のJCOPEの研究成果に基づく定量化された海流予測情報をもとに、航路・船速計画を立案する。これにより更なる省エネルギー運航に寄与する[6]

建造[編集]

鉄道建設・運輸施設整備支援機構(鉄道・運輸機構)の一環として、下関菱重エンジニアリング(現 MHI下関エンジニアリング)より設計・建造の技術支援を受け、広島県呉市神田造船所で建造された。2010年4月2日に進水式・命名式が行われ、鉄道・運輸機構と山機運輸の共有による「興山丸」と命名された。同年8月16日から17日にかけて伊予灘で行われた海上公試運転では在来船に比べ20%以上、公試前の推定値に比べても5%ほどの推進性能の向上が見られた[4]

本船は日本マリンエンジニアリング学会主催の「マリンエンジニアリング・オブ・ザ・イヤー2010」[7]、2012年度には日本物流団体連合会主催の第13回物流環境大賞を受賞した[8]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 興山丸概要”. 山機運輸. 2020年8月19日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h 興山丸”. 宇部興産海運. 020-08-19閲覧。
  3. ^ a b marinetraffic.com
  4. ^ a b c d e 加納敏幸, 今澄敏夫「タンデム型(ハイブリッド型)電気推進船」『マリンエンジニアリング : 日本マリンエンジニアリング学会誌』第46巻第1号、日本マリンエンジニアリング学会、2011年1月、 38-43頁、 doi:10.5988/jime.46.38ISSN 13461427NAID 100282383422020年8月19日閲覧。
  5. ^ ポッド推進システム”. 海上技術安全研究所. 2020年8月19日閲覧。
  6. ^ 加納敏幸「フリートマネージメントにおける運航支援の研究」『マリンエンジニアリング』第49巻第5号、日本マリンエンジニアリング学会、2014年、 654-659頁、 doi:10.5988/jime.49.654ISSN 1346-1427NAID 1300051124912020年8月25日閲覧。
  7. ^ 船舶に関する受賞実績”. 鉄道・運輸機構. 2020年8月19日閲覧。
  8. ^ “第 13 回物流環境大賞 受賞者決定” (PDF) (プレスリリース), 日本物流団体連合会, (2012年5月25日), https://www.butsuryu.or.jp/asset/33809/view 2020年8月19日閲覧。