舘川範雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

舘川 範雄(たてかわ のりお、1966年9月19日 - )は、日本放送作家浅井企画所属。愛称はタッチータテノリなど。

来歴・人物[編集]

高校生の時、『ザ・欽グルスショー』(TBSラジオ)からコサキンの番組にはがき投稿を始める。大学は東洋大学に進学。大学生時代、『スーパーギャングコサキン無理矢理100%』の1986年頃の当時は7割という高採用率を誇った[1]。そのようなことからスタッフに誘われ、1987年4月に『コサキン無理矢理100%』と『TOKYOベストヒット』(ニッポン放送)の本番に呼ばれる形で作家としてデビューした。しかしすぐにはブースの中には入れてもらえず、台本の書き方もわからないのでまずは『ゴミ箱から拾った先輩の原稿のコピーを真似して書いていた』状態だったと言う[2]

その後コサキンのラジオ番組で同じくリスナーから放送作家になった有川周一楠野一郎、先輩作家の鶴間政行とあわせて『アタック隊』(4人の名前の頭文字をとった名前)とリスナーから呼ばれていた(楠野は1995年にコサキンから離れた)。現在もその『コサキンDEワァオ!』の他、テレビ、ラジオで多くの番組の構成を担当。ラジオでは奥居香谷村有美TM NETWORKらアーティスト、ミュージシャンの番組の担当となった他、テレビでも音楽番組を担当している。

コサキンのラジオ番組では有川、楠野と共に時々リスナーの投稿ネタにもされている[3]。『コサキンコント劇場』のコーナーでは小堺一機関根勤の二人のコントの台本を手掛ける(関根のユニ、ユニのセリフが印象的な「ユニーク関根のユニークモーニング」など)[4]。挨拶と笑い声以外ではあまり話さず裏方に徹する。二人からファッションセンスが良く、かっこいいと言われることをからかわれている[5]他、過去に女性からひどい扱いをされた事で恋愛に消極的になってしまい、これをネタにされたこともある[6]

番組の構成だけでなく、『カンコンキンシアター』や、『小堺一機のコミック君』、ホンジャマカキャイ〜ンあさりど国分太一『地球ゴージャス』の脚本の執筆、または演出も務めている。

2013年4月1日、カンコンキンシアター女優 中村英香と入籍。

主な担当番組[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

CD[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 参考:『月刊ラジオパラダイス1987年6月号『コサキン特集』での記事。ここにおいて舘川は、楠野一郎ら当時のリスナー仲間4人と対談をしている。
  2. ^ 参考:『月刊ラジオパラダイス』1990年7月号内の記事
  3. ^ コサキン新語辞典 ポヨヨ〜ン(興陽館、ISBN 4-87723-121-8、1997年)p.94 - 95 など
  4. ^ 新・コサキン★コント集 ( )カッコ(興陽館、ISBN 4-87723-134-X、2000年)p.27 - 39 掲載の作品「ゲスト・小堺一機」
  5. ^ コサキンの4548(興陽館書店、ISBN 4-87723-136-6、2001年)コサキン年表 p.303
  6. ^ コサキンことわざ辞典 モレッ(興陽館、ISBN 4-87723-129-3、1999年)p.135

関連項目[編集]