舛方勝宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • 舛方 勝宏
  • 舛方 勝広
ますかた かつひろ
舛方 勝宏
プロフィール
出身地 日本の旗 富山県
生年月日 (1943-02-16) 1943年2月16日(78歳)
最終学歴 早稲田大学第一文学部卒業
職歴 日本テレビ放送網[注 1]アナウンサー
→アナウンス部長
→ネットワーク局長
→取締役ほか
日本テレビホールディングス[注 1]取締役ほか
シーエス日本社長→会長
活動期間 1965年5月 - 1997年6月
ジャンル 報道スポーツ
出演番組・活動
出演経歴 サッカー中継
陸上競技中継
NNNきょうの出来事
NNNニューススポット
NNN6:30きょうのニュース
あなたと日テレ
ほか
アナウンサー: テンプレート - カテゴリ

舛方 勝宏[注 2](ますかた かつひろ、1943年2月16日 - [注 3])は、日本アナウンサー実業家日本テレビ放送網(NTV)[注 1]でアナウンサーを皮切りに、グループ各社で管理職や役員職を歴任した。富山県魚津市出身[注 4]富山県立魚津高等学校早稲田大学第一文学部社会学科卒業[注 5]

略歴[ソースを編集]

  • 1965年(昭和40年)5月、日本テレビ放送網(旧法人。のちの日本テレビホールディングス)[注 1]へ入社、アナウンス部に配属[注 6]
  • 1993年(平成5年)、編成局アナウンス部長[注 7]
  • 1997年(平成9年)6月、ネットワーク局長[注 8]
  • 2000年(平成12年)6月、執行役員総務局長[注 9]
  • 執行役員メディア戦略局CS準備室長[注 10]
  • 2001年(平成13年)3月27日、シーエス日本(のちのCS日本[注 11])の設立に伴い、代表取締役社長へ就任[注 12]
  • 2003年(平成15年)6月、取締役執行役員人事局長、CS日本代表取締役会長[注 13]
  • 2004年(平成16年)6月、取締役常務執行役員[注 14](人事局・総務局・PR局・労政担当)、CS日本代表取締役会長
  • 取締役常務執行役員(経営計画室・人事局・総務局・労政担当)、CS日本代表取締役会長
  • 2007年(平成19年)6月、取締役専務執行役員[注 15](人事局・総務局・労政担当)、 CS日本代表取締役会長
  • 2009年(平成21年)3月16日、取締役専務執行役員制作局長、CS日本代表取締役会長
  • 2009年6月、取締役専務執行役員編成局長兼ドラマ局・バラエティー局・情報エンターテインメント局・スポーツ局担当[注 16]、CS日本代表取締役会長
  • 2009年12月1日、取締役専務執行役員(編成局担当)、CS日本代表取締役会長
  • 2010年(平成22年)6月29日、取締役副社長執行役員[注 17]、CS日本代表取締役会長
  • 2011年(平成23年)6月14日、日テレ・グループ・ホールディングス(のちの日テレグループ企画)代表取締役社長[注 18]日テレ・テクニカル・リソーシズ日テレアックスオン日テレイベンツ日本テレビアート日本テレビ音楽東通各社取締役、CS日本代表取締役会長
  • 2012年(平成24年)6月、取締役(非常勤)、日テレ・グループ・ホールディングス代表取締役社長、日テレ・テクニカル・リソーシズ、日テレアックスオン、日テレイベンツ、日本テレビアート、日本テレビ音楽、東通各社取締役、CS日本代表取締役会長
  • 2012年10月1日、日本テレビホールディングス(旧・日本テレビ放送網から社名変更)[注 1]取締役(非常勤)、日テレグループ企画代表取締役会長[注 19]
  • 2013年(平成25年)6月、日本テレビホールディングス取締役(非常勤)
  • 2016年(平成28年)6月、日本テレビホールディングス補欠監査役[注 20]
  • 2018年(平成30年)6月、日本テレビホールディングス補欠監査役退任[12]、退社[注 21]。退社後は、日本記者クラブOB会員となる[5]

エピソード[ソースを編集]

  • 早稲田大学第一文学部時代はアナウンス研究会に所属。同アナウンス研究会に同時在籍していた先輩・後輩に鈴木史朗(3期先輩、元TBS)や久米宏(2期後輩、元TBS)、露木茂(2期先輩、フジテレビ)や永島信道(1期先輩、元フジテレビ)、逸見政孝(3期後輩、元フジテレビ)、松倉悦郎(3期後輩、元フジテレビ)がいた。地方出身者ということもあり、NHKが出版したアクセント辞典を使って発音を間違った際はその箇所をペンで塗りつぶしては徹底的にアクセントを矯正し、卒業時にはこの辞書を3冊もペンで塗りつぶすほどの努力家であった。このことは後輩アナウンサーの間で今でも語り草となっており、早大アナウンス研究会の3期後輩である逸見政孝のみならず、十数年後に早大アナ研の門を叩いた山中秀樹向坂樹興らにも多大な影響を与えた[13][注 22]
  • 入社2年目、自由民主党本部での総選挙大会の中継にて、徹夜で担当していた挙句、福田赳夫幹事長の横のソファで大いびきをかいて寝てしまったことがある[7]
  • 1985年の雑誌にて、降雪に苦しみながら200人ものスタッフとともに担当し、34.1%の視聴率をたたき出した横浜国際女子駅伝中継をアナウンサー生活における思い出のシーンに挙げている[1]
  • サッカー中継では、1985年のトヨタカップユヴェントスイタリアの旗 イタリア)vsアルヘンティノス・ジュニアーズアルゼンチンの旗 アルゼンチン)における、ユヴェントスのミシェル・プラティニフランスの旗 フランス)がボレーシュートを決めた(ただしオフサイドによりノーゴールとなっている)時に発した「プラティニゴール! スーパーゴール! ビューティフルゴール!」は名台詞となった[14][注 23]。この台詞は、事前に考えていたものではなく、アドリブで発したものだという[14]。また、特徴としては、クラブ名よりむしろ「ヨーロッパ(チャンピオン)」「南米(チャンピオン)」というフレーズを多用し、欧州vs南米という構図をあおる傾向が高かった[14]
  • 日本テレビ系列のサッカー中継における「ゴール!!」の絶叫は、高校サッカー中継を担当していたころの舛方が、高校サッカーを盛り上げるための演出として、または本場サッカーでの熱狂ぶりを日本のファンにも知ってもらうために、南米のサッカー中継にあった表現を全担当アナウンサーへ義務付けたことから始まった[注 24]
  • アナウンス部長時代は新人アナへの熱血指導が有名で、番組改編期の特番等でも舛方と厳しさに苦しむ新人の様子がよく取り上げられた。例えば、1994年入社の羽鳥慎一・藤井貴彦は「(見えない)花瓶を割れ」と発声練習を長時間続けさせられ、体育会系なアナウンス部内の雰囲気も相俟って気後れしたという[16]

出演番組[ソースを編集]

※特記なき限り、日本テレビアナウンサー当時のもの。

報道[ソースを編集]

※参考[注 25]

スポーツ中継[ソースを編集]

※参考[注 28]

その他[ソースを編集]

ドラマ

アニメ

自己批評・検証番組

出演映画[ソースを編集]

アニメ

脚注[ソースを編集]

[脚注の使い方]

注釈[ソースを編集]

  1. ^ a b c d e 1952年(昭和27年)に日本テレビ放送網株式会社設立。1953年(昭和28年)8月28日に本放送開始・開局。2012年(平成24年)10月1日に日本テレビホールディングス株式会社へ社名変更し持株会社化、新会社の日本テレビ放送網株式会社(同年4月26日に日本テレビ分割準備株式会社として設立。10月1日付で社名変更)にテレビ放送事業などを分割・承継した(新旧分割)。
  2. ^ 一部では、「舛方 勝広」と表記[1]
  3. ^ 参考:
  4. ^ 参考(出身地情報):
  5. ^ 参考:
    • 出身高校…[6]
    • 出身大学・学部…[6]
      • 「早大文卒」と表記[7][1]
      • 学科名含む…[2]
  6. ^ 参考:
    • 入社年月…和暦で記載[3][4]
  7. ^ 参考:
    • 1994年に発行された日本テレビアナウンス部の編著書『実況!』より、アナウンス部長として明記…[6]
      • まえがきには「日本テレビ放送網株式会社編成局アナウンス部長」との肩書が明記…[9]
  8. ^ 参考:
    • ネットワーク局長在任の旨記載…[8]
    • 就任年月…和暦で記載[3][4]
  9. ^ 参考:
    • 総務局長在任の旨記載…[8]
    • 就任年月…和暦で記載[3][4]
  10. ^ 参考:
    • 執行役員メディア戦略局CS準備室長と記載…[10]
  11. ^ 2015年(平成17年)11月9日付で株式会社シーエス日本から株式会社CS日本に社名変更。なお、社名変更前から、略称・通称として「CS日本」の表記も使用していた。
  12. ^ 参考:
    • 就任年月…和暦で記載[3][4]
    • 設立年月日…和暦で記載[10]
  13. ^ 参考:
    • 日本テレビ放送網取締役就任年…[8]
    • 就任年月…和暦で記載[3][4]
  14. ^ 参考:
    • 就任年月…和暦で記載[3][4]
  15. ^ 参考:
    • 就任年月…和暦で記載[3][4]
  16. ^ 参考:
    • 2009年6月26日に開催された第76期株主総会および取締役会で選任の旨記載…[11]
  17. ^ 参考:
    • 日本テレビ放送網取締役副社長執行役員就任年…[8]
    • 就任年月…和暦で記載[3][4]
    • 2010年10月1日現在、編成局・ドラマ局・バラエティー局・情報エンターテインメント局・スポーツ局担当であることも併せて明記…[8]
  18. ^ 参考:
    • 就任年月…和暦で記載[3][4]
  19. ^ 参考:
    • 日本テレビホールディングス取締役について
      • 就任年月…和暦で記載[4]
    • 日テレグループ企画代表取締役会長について
      • 就任年月…和暦で記載[4]
  20. ^ 参考:
    • 日本テレビホールディングス補欠監査役について
      • 就任年月…和暦で記載[4]
  21. ^ 参考:
    • 2018年6月の退社について…[5]
  22. ^ 参考:
    • 次の資料より、大学時代は放送研究会に所属し、アクセント辞典を2冊つぶして富山なまりを克服したとする記述あり[2]
  23. ^ この実況担当試合について、のちにアナウンサーとして最も印象に残った場面に挙げている[6]
  24. ^ 参考:
    • 読売テレビ公式サイト内連載コラム『道浦俊彦 とっておきの話』2000年11月12日付配信記事“ことばの話195「ゴルゴルゴル」”より[15]
  25. ^ 参考:
    • アナウンサーとしてニュース番組を担当の旨記載[5]
  26. ^ 参考:
    • 『きょうの出来事』表記
      • 1980年当時の担当番組として明記[7]
      • 1985年当時の担当番組として明記[1]
  27. ^ 参考:
    • 担当番組として『朝のニュース』と明記[2]
  28. ^ 参考:
    • 担当していたスポーツ中継について、マラソン、駅伝、全国高校サッカー選手権が明記[2]
    • 1985年当時の担当番組として、「スポーツ中継」と明記[1]
  29. ^ 「日本テレビ初のロードレース中継」「タイムス30Kロードレース 舛方・倉持アナ札幌へ」と記載[18]
  30. ^ 「日本テレビ初のマラソン中継」「81東京国際マラソン」「本多・舛方アナほかアナウンス部総出」と記載[18]
  31. ^ 参考:
    • 世界陸上実況担当の旨記載…[5]
    • 1987年第2回当時の担当…和暦で記載[19]
  32. ^ 参考:
    • 1987年開始当時の担当…和暦で記載[19]
  33. ^ 参考:
    • サッカー中継
      • 高校サッカー中継立ち上げに関わったことが記載…[5]
      • トヨタカップ担当の旨記載…[5]
  34. ^ 参考:
    • ソウルオリンピック実況担当の旨記載…[5]
  35. ^ 参考:
    • 1980年当時の担当番組として明記[7]
  36. ^ 参考:
    • 語り…all cinema[23][24]
    • 語り手…テレビドラマデータベース[25]
  37. ^ 参考:
    • 1997年4月当時の番組公式サイト…[26]

出典[ソースを編集]

  1. ^ a b c d e f g 週刊読売』1985年(昭和60年)10月13日号P138掲載の名鑑 ※「舛方 勝広」表記
  2. ^ a b c d e f g h 『現代日本人名錄98』(1998年、日外アソシエーツ編・発行。ISBN 978-4816914683)第4巻P433
  3. ^ a b c d e f g h i j k 日本テレビ第79期定期株主総会招集通知P34
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n 日本テレビ第79期定期株主総会招集通知P44
  5. ^ a b c d e f g h 会員掲示板 新しいOB会員 (PDF) 」 『日本記者クラブ会報』第583号、日本記者クラブ、2018年9月10日、 16頁、2018年11月16日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g 実況!』P219
  7. ^ a b c d e f 週刊読売』1980年(昭和55年)5月11日号P41掲載の名鑑
  8. ^ a b c d e f 日本テレビ放送網株式会社 Annual Report 2010』P18
  9. ^ 実況!』P1-3掲載「まえがき」文:舛方勝宏(日本テレビ放送網株式会社編成局アナウンス部長) ※クレジットは、P3末尾に掲載。
  10. ^ a b 「シーエス日本(にっぽん)」本日設立 110度CS放送委託放送事業者として高機能放送サービス実現へ - 日本テレビ公式サイト内プレスリリース2001年3月16日
  11. ^ 取締役・執行役員の選任について - 2009年6月26日付日本テレビプレスリリース(公式サイトで配信されたPDFファイル) ※同日に開催された第76期株主総会及び引き続き開催された取締役会において選出された取締役・執行役員の一覧。
  12. ^ 役員の担務変更及び異動に関するお知らせ - 日本テレビホールディングス公式サイト内プレスリリース平成30年(2018年)5月10日付 ※P7「新たな経営体制について(予定) (平成30年6月28日付)」を参照。
  13. ^ 逸見政孝著『マジメまして逸見です Majime it's Me』フジテレビ出版、1985年、34~49ページ
  14. ^ a b c Sports Graphic Number』(文藝春秋)「あなたが最も“魅せられた”バロンドール受賞者は!?」[要文献特定詳細情報]など[要出典]
  15. ^ 読売テレビ公式サイト内連載コラム『道浦俊彦 とっておきの話』より、“ことばの話195「ゴルゴルゴル」”(2000年11月12日)から“ことばの話191「家族と家庭」”(2000年10月20日)までのバックナンバーを参照。
  16. ^ ゲーテ』(幻冬舎)2011年6月号 羽鳥慎一インタビューより。
  17. ^ 実況!』P223
  18. ^ a b 実況!』P225
  19. ^ a b 実況!』P231
  20. ^ 実況!』P221
  21. ^ 実況!』P222
  22. ^ a b 実況!』P232
  23. ^ a b 舛方勝宏 - allcinema
  24. ^ TV 五人の野武士 - allcinema
  25. ^ 舛方勝宏 - テレビドラマデータベース
  26. ^ 『あなたと日テレ』公式サイト内司会者紹介ページ(インターネットアーカイブ1997年4月18日付保存キャッシュ) ※山王丸和恵とともに、「日本テレビアナウンサー」の肩書入りで司会者として紹介。

参考資料[ソースを編集]

関連項目[ソースを編集]

先代:
久保晴生
平日夕方のNNNニュース
男性メインキャスター
(1986年)
NNN6:30きょうのニュース
次代:
井田由美が単独)
※「NNNライブオンネットワーク