舞浜リゾートライン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社舞浜リゾートライン
Maihama Resort Line Co., Ltd.
Maihama Resort Line.jpg
舞浜リゾートラインの本社
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
279-8523
千葉県浦安市舞浜2番地18
設立 1997年4月9日[1]
業種 陸運業
法人番号 2040001029990 ウィキデータを編集
事業内容 第一種鉄道事業 他
代表者 東樹 秀明(代表取締役社長
資本金 55億円
売上高 60億4400万円(2020年03月31日時点)[2]
営業利益 20億2000万円(2020年03月31日時点)[2]
経常利益 19億3500万円(2020年03月31日時点)[2]
純利益 13億5300万円(2020年03月31日時点)[2]
純資産 163億5400万円(2020年03月31日時点)[2]
総資産 253億5400万円(2020年03月31日時点)[2]
従業員数 209名(2019年4月1日現在[3]
決算期 3月31日
主要株主 オリエンタルランド 100%
2019年3月31日現在[4]
外部リンク http://www.mrc.olc.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社舞浜リゾートライン(まいはまリゾートライン、: Maihama Resort Line Co., Ltd.)は、千葉県浦安市にあるディズニーリゾートラインを運営管理する鉄道事業者京成グループの企業である。

概要[編集]

株式会社オリエンタルランド (OLC) の完全子会社。またOLCの筆頭株主が京成電鉄であることから、京成グループに加盟している[5]東京ディズニーセレブレーションホテルの所有(経営・運営はブライトンコーポレーションに委託)も行っている。

経営状況は、資産規模に比してディズニーリゾートラインの建設費の額が大きく、減価償却費や借入金利息額が大きいため、債務超過状態にあった[6]。経営努力のほか、親会社であるオリエンタルランドの支援も受けているが、経営の状況が好転しないため、2007年4月に運賃の値上げを初めて行なった。それらが功を奏してか、2018年現在では収支が黒字化している。

歴史[編集]

路線[編集]

車両[編集]

車両は6両編成5本あり、自動運転だが車掌(ガイドキャストと呼称)が乗務する(逆ワンマン運転)。整備・検査の一部を京成グループ各社に委託する場合もある(京成電鉄(宗吾参道)・新京成電鉄(くぬぎ山)・北総鉄道(印西牧の原)等)。実際、全般検査は舞浜から車両を京成宗吾工場まで陸送して行われた。

また、乗務員の育成を京成電鉄に委託している。

2020年春より新型列車の運転開始を予定しており、それに合わせる形で既存車両の入れ替えが計画されている。今後2024年度までに毎年1編成ずつ5本を新車に入れ替える[9]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 曽根悟(監修)『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 公営鉄道・私鉄』30号 モノレール・新交通システム・鋼索鉄道、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2011年10月16日、11頁。
  2. ^ a b c d e f 株式会社舞浜リゾートライン 第23期決算公告
  3. ^ 会社概要 - 舞浜リゾートライン
  4. ^ 国土交通省鉄道局監修『鉄道要覧』令和元年度版、電気車研究会・鉄道図書刊行会
  5. ^ 京成電鉄のグループ会社”. 京成電鉄. 2019年9月26日閲覧。
  6. ^ “㈱舞浜リゾートラインの旅客運賃の上限変更について” (プレスリリース), 国土交通省, (2007年3月8日), http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha07/08/080308_.html 2018年11月10日閲覧。 
  7. ^ 平成9年運輸省告示第348号
  8. ^ 平成9年運輸省告示第436号
  9. ^ ディズニーリゾートラインに 新型車両「リゾートライナー(Type C)」が2020年春デビュー!”. 東京ディズニーリゾート (2019年9月25日). 2020年1月9日閲覧。