舞羽美海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
まいはね みみ
舞羽 美海
生年月日 8月22日
出身地 兵庫県西宮市
身長 160cm
職業 女優
ジャンル 舞台ドラマ映画
活動期間 2007年 -
活動内容 2007年:宝塚歌劇団入団、雪組配属
2011年:雪組トップ娘役就任
2012年:宝塚歌劇団退団
2013年:芸能活動再開
事務所 松竹エンタテインメント
公式サイト 舞羽美海 公式プロフィール
主な作品
宝塚歌劇
ロミオとジュリエット
JIN-仁-
舞台
ドリアン・グレイの肖像
ダンス・オブ・ヴァンパイア
鬼滅の刃
ドラマ
早子先生、結婚するって本当ですか?
プリンセスメゾン
備考
宝塚歌劇団卒業生
テンプレートを表示

舞羽 美海(まいはね みみ、8月22日[1][2][3] - )は、日本女優。元宝塚歌劇団雪組トップ娘役[4][2][3][5]

兵庫県西宮市[1]百合学院高等学校出身[1]。身長160cm[2]。愛称は「みみ」[6]

所属事務所は松竹エンタテインメント[2]

来歴[編集]

2005年、宝塚音楽学校入学[1][2]

2007年、宝塚歌劇団に93期生として入団[1][2]星組公演「さくら/シークレット・ハンター」で初舞台[4][1][3]。その後、雪組に配属[4][1]

可憐な容姿で早くから注目を集め[7]、2008年の「マリポーサの花」で新人公演初ヒロイン[4][1]。入団2年目での抜擢となった[8]。続く「忘れ雪」(バウホール日本青年館公演)で、バウホール・東上公演初ヒロイン[4][8]。後にコンビを組むことととなる音月桂の相手役を務める[8]

2009年の「雪景色」(バウホール・日本青年館公演)で、2度目の東上公演ヒロイン[1]

2010年、「オネーギン」(日本青年館・バウホール公演)で、専科理事の轟悠の相手役を務め、3度目の東上公演ヒロイン[1][9]

2011年、音月桂トップ大劇場お披露目となる「ロミオとジュリエット」で、ヒロインのジュリエットに夢華あみとダブルキャストで抜擢を受ける[10][4][1][3]。同年3月24日付で雪組トップ娘役に就任[2][5]。音月桂の相手役として、「仮面の男/ROYAL STRAIGHT FLUSH!!」で新トップコンビ大劇場お披露目[11]

2012年12月24日、「JIN-仁-/GOLD SPARK!」東京公演千秋楽をもって、相手役の音月と共に宝塚歌劇団を退団[4][2][9][3][5]

退団後は2013年より松竹エンタテインメント所属となり、芸能活動を再開[2]。舞台や映像を中心に活動している[7]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

初舞台[編集]

雪組時代[編集]

  • 2008年1 - 3月、『君を愛してる-Je t'aime-』 - 新人公演:ミミ(本役:涼花リサ)『ミロワール』
  • 2008年5 - 6月、『凍てついた明日』(バウホール) - メアリー・オーディア(透水さらさとWキャスト)[5]
  • 2008年8 - 11月、『ソロモンの指輪』『マリポーサの花』 - ブランカ、新人公演:セリア(本役:白羽ゆり新人公演初ヒロイン[4][1][5]
  • 2009年1月、『忘れ雪』(バウホール・日本青年館) - 橘深雪 バウ・東上初ヒロイン[4][1][8]
  • 2009年3 - 5月、『風の錦絵』『ZORRO 仮面のメサイア』 - ファナ、新人公演:夜の稲妻(本役:愛原実花
  • 2009年7 - 10月、『ロシアン・ブルー』 - エレナ・ネコタナ、新人公演:ロビン・スペンサー(本役:大月さゆ)『RIO DE BRAVO!!(リオ デ ブラボー)』
  • 2009年11 - 12月、『雪景色』(バウホール・日本青年館) - お咲/お菊/常磐木姫 東上ヒロイン
  • 2010年2 - 4月、『ソルフェリーノの夜明け』 - ロージー、新人公演:シスター・メーラー(本役:飛鳥裕)『Carnevale(カルネヴァーレ)睡夢(すいむ)』
  • 2010年6 - 9月、『ロジェ』 - マリア、新人公演:カミーラ(本役:花帆杏奈)『ロック・オン!』
  • 2010年10 - 11月、『オネーギンEvgeny Onegin』(日本青年館・バウホール) - タチヤーナ・ラーリナ(ターニャ) 東上ヒロイン[1][9]
  • 2011年1 - 3月、『ロミオとジュリエット』 - ジュリエット(夢華あみと役替わり) 大劇場ヒロイン[10][4][1][3]

雪組トップ娘役時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 2008年12月、タカラヅカスペシャル2008『La Festa!』
  • 2009年12月、タカラヅカスペシャル2009『WAY TO GLORY』
  • 2010年12月、タカラヅカスペシャル2010『FOREVER TAKARAZUKA』

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

舞台[編集]

ドラマ[編集]

映画[編集]

TV出演[編集]

受賞歴[編集]

  • 2011年、『宝塚歌劇団年度賞』 - 2010年度新人賞
  • 2012年、『宝塚歌劇団年度賞』 - 2011年度努力賞

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 羽を広げ華麗に舞い/舞羽美海 日刊スポーツ。
  2. ^ a b c d e f g h i 舞羽美海 プロフィール 松竹エンタテインメント。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l 【インタビュー】「チョンガンネ」に出演の舞羽美海「がむしゃらに生きている姿を見てほしい」 朝日新聞デジタル。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m 舞羽美海サヨナラ特別番組「Snow Flower」 タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m 荻田浩一のコメディプレイに出演!『リビング』 舞羽美海インタビュー 宝塚ジャーナル。
  6. ^ 『宝塚おとめ 2012年度版』 阪急コミュニケーションズ、2012年、80頁。ISBN 978-4-484-12506-0。
  7. ^ a b c d 『ドリアン・グレイの肖像』でヒロインを演じる! 舞羽美海インタビュー メディアスパイス。
  8. ^ a b c d ナンバーツーがトップを作る 宝塚雪組『忘れ雪』 朝日新聞デジタル。
  9. ^ a b c d 宝塚雪組トップ舞羽が退団への胸中語る 日刊スポーツ。
  10. ^ a b 音月桂のお披露目公演。雪組『ロミオとジュリエット』 宝塚ジャーナル。
  11. ^ a b 宝塚クロニクル2011スペシャル「雪組編」 タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  12. ^ 大阪松竹座『道頓堀パラダイス』ゲネプロ&会見レポート おけぴネット。
  13. ^ 謝珠栄が宇宙を描く「Pukul」開幕、湖月わたる、水夏希が太陽と地球に ステージナタリー。
  14. ^ 「陰陽師」本日開幕、良知真次「舞台界でも金メダルを取れるように」 ステージナタリー。
  15. ^ 森新吾の「ダンスカンタービレ 2018」新キャストに舞羽美海、田野優花ら ステージナタリー。
  16. ^ 片岡愛之助が武将・源為朝に、システィーナ歌舞伎「新説諸国譚 TAMETOMO」 ステージナタリー。
  17. ^ 歌舞伎の演出を駆使して上演、藤間勘十郎「牡丹燈籠」に北翔海莉・北村有起哉 ステージナタリー。
  18. ^ 「大阪環状線」に主演の室龍太「高校生の気分を味わえるのが楽しみ」 ステージナタリー。
  19. ^ 「鬼滅の刃」幕開けに炭治郎役の小林亮太「生々しく力強さのある世界を」 ステージナタリー。
  20. ^ 織田信長の多面性を“2人の信長”に、システィーナ歌舞伎「NOBUNAGA」 ステージナタリー。
  21. ^ 舞台「FGO」最新作「冠位時間神殿ソロモン」開幕、BD/DVD化も決定 ステージナタリー。
  22. ^ クリスマスの曲をたっぷりと!「I'll Be Home For〜」に駒田一・沙央くらま・大和悠河ら ステージナタリー。
  23. ^ 日本初上演!舞台『ル・シッド』全キャスト発表!オールフィメールによる恋愛バトルドラマ シアターテイメントNEWS。
  24. ^ 尾上松也、ドラマ初主演 『大阪環状線ひと駅ごとの愛物語』”. ORICON STYLE (2015年11月7日). 2015年11月9日閲覧。
  25. ^ 元宝塚・舞羽美海、民放連ドラデビュー!大役に「ドキドキしています」”. SANSPO.COM (2016年3月9日). 2016年3月9日閲覧。
  26. ^ 元宝塚の舞羽美海が楳図映画で初ヒロイン(2014年1月31日、日刊スポーツ

参考文献[編集]

  • 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(舞台編)』 阪急コミュニケーションズ、2014年。ISBN 978-4-484-14600-3。