舞花

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
舞花
生誕 (1990-08-31) 1990年8月31日(30歳)
出身地 日本の旗 日本熊本県[1]
学歴 熊本県立第一高等学校卒業[2]
ジャンル J-POPロック
職業 シンガーソングライター[3]
担当楽器 ボーカルギター
活動期間 2010年 - 現在
レーベル ユニバーサルJ2010年 - 2013年
事務所 iChord project
共同作業者 松岡モトキYUMI
公式サイト https://www.maikaofficial.com/

舞花(まいか、Maika、1990年8月31日[1][3] - )は、日本女性シンガーソングライター熊本県出身。

経歴[編集]

初期のキャリア[編集]

小学生の頃は、人と話すのが苦手で、気持ちを上手く表現できなかった。中学1年生の時に、テレビCMでケイコ・リーの『ウィー・ウィル・ロック・ユー』を聴き、音楽に興味を持つ[4]洋楽も聴くようになり、洋楽のストレートな歌詞に感銘し、「自分もちゃんと気持ちを表現できる人間になりたい」と思うようになった。メジャー・デビュー後のインタビューで、これが自身の音楽のルーツであると明かしている[5]

中学1年生の誕生日に親からギターをプレゼントされる。難しかった為、1年ほど放置したが、2年生になってから弾き始め、友達と一緒にギタースクールに通い始めた[6]。当時はカナダのシンガーソングライターアヴリル・ラヴィーンが好きで、弾き語りでカバーしていた[6]。高校生になると、カバー曲とオリジナル曲を2、3曲用意して地元熊本のアーケード街で路上ライブを開始する。

2007年、高校2年の時にヤマハが主催するThe 1st Music Revolutionにオリジナル曲で参加し、九州AREA FINALにてグランプリを受賞し、九州代表としてJAPAN FINALに出場。ここで才能を見出され、高校卒業と共に上京することとなる[1]

2008年8月、熊本野外劇場アスペクタで行われた「ラストサマーファンタジー2008〜阿蘇の風〜」(KAB)に出演。9月、熊本BATTLE STAGEで行われた杉山清貴の「アコースティックツアー2008」のオープニング・アクトとして出演。10月、同会場で行われた地元テレビ局RKK音楽番組『根本要の音楽山盛』の公開収録に出演し番組司会の根本要とコラボ演奏した[7]。ライブのMCでは根本に「既に完成されている」と絶賛された。

2009年3月、高校卒業日にインディーシングル『never cry』を九州地区限定で販売し、完売[1]。卒業後、デビューのために上京[7]

メジャーデビュー[編集]

2010年
  • 1月、iTunesが選ぶ期待の新人アーティスト“iTunes Japan Sound of 2010”にも選ばれ、「今週のシングル」で『Never Never Never give up』が取り上げられる[1]。その1週間後に、同曲を100円シングルとしてTOWER RECORDSで限定販売を行い、完売した[1]
  • 4月14日、『never cry』でメジャーデビュー。発売日の翌15日、九州ローカル番組ドォーモ』に出演し、同曲を生ライブという形で初めてテレビ番組で披露した。シングルはオリコンチャートで初登場14位を記録した[1][注 1]
  • 10月20日、3枚目のシングル『心』を発売。表題曲は映画『雷桜』の主題歌として起用されている。映画主題歌として舞花の楽曲が使用されるのは、これが初である。楽曲のオファーは舞花の声を気に入った廣木隆一監督が直接行った[5]
2013年
  • 4月1日、公式サイトにおいてヤマハミュージックアーティストから離れることを発表。また同時に音楽活動を継続することも表明した。
  • 10月、音楽活動を再開。

音楽性[編集]

影響[編集]

影響を受けたアーティストはケイコ・リー[4]アヴリル・ラヴィーン[6]

楽曲制作[編集]

共作者のYUMIとは彼女の実母のことで、楽曲のクレジットは“舞花&YUMI”と表記されている[6]

ボーカル[編集]

舞花のいくつかの楽曲を手がけているJeff Miyaharaは「本能的で野性的な歌唱力。強いボーカル、印象的なボイス。一度聴いたら心に刻まれることは確実」と評している[8]。元メガデスギタリストマーティ・フリードマン雑誌日経エンタテインメント!』で連載している「マーティ・フリードマンのJ-POPメタル斬り」のウェブ版において、彼女のボーカルの特徴は「声の範囲が凄く広い」ことだと述べた。メインは低音域だが、高音になればなるほど独特の味が出てくると批評している。尤も、彼女の一番の魅力は少し海外アーティストを意識した様な“キャラ”だとコメントしている[9]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

# 発売日 作品名 最高順位 認定 アルバム
オリコン[10] Hot 100
[11]
RIAJ
DL[12]
インディーズ
1st 2010年1月27日 Never Never Never give up Possible
メジャー
1st 2010年4月14日 never cry 14 4 Possible
2nd 2010年6月23日 教えてよ〜miseducation〜 105
3rd 2010年10月20日 20 9 11 未定
4th 2012年5月9日 やだよ… 176 未定
"—"はチャート圏外、チャート対象外の何れかを意味する。

配信限定シングル[編集]

発売日 タイトル 規格
2010年12月8日 心〜あなたへ〜[13] デジタル・ダウンロード
2014年7月23日 Loser デジタル・ダウンロード
2014年7月23日 つぶやく。。。 デジタル・ダウンロード
2015年9月21日 水族館 デジタル・ダウンロード
2015年9月21日 maybe デジタル・ダウンロード
2017年2月14日 新世界 デジタル・ダウンロード
2018年1月03日 Survivor デジタル・ダウンロード
2018年2月14日 I Know デジタル・ダウンロード
2018年6月6日 会いたいなんて言わない デジタル・ダウンロード

アルバム[編集]

発売日 タイトル
1st 2010年6月30日 Possible
2nd BREAK IT

客演[編集]

シングル
発売日 作品名 最高順位 認定 アルバム
オリコン[10] Hot 100
[11]
RIAJ
DL[12]
2010年12月8日 鏡花水月(miCKun feat.舞花) 120 D.N.A
"—"はチャート圏外、チャート対象外の何れかを意味する。
シングル化されていない参加作品
発売日 作品名 最高順位 認定 アルバム
Hot 100 RIAJ
DL
2011年10月26日 LiAR LiAR feat.舞花 BEHIND the TRUTH(NERDHEAD
2012年2月15日 Close To You[要曖昧さ回避] feat.舞花 GO! GO! LGYankees!!!LGYankees
2012年4月18日 君がいない feat.舞花 SO-TASO-TA
2012年8月8日 Hey Baby feat.舞花 Colorful Love(PURPLE REVEL)
2012年9月12日 Love & Music Power feat.舞花 HIGH ROLLER(NO DOUBT FLASH)
2012年10月24日 クリスマスキャロルの頃には feat.舞花 GUILTY PLEASURES CHRISTMAS(スコット・マーフィー
"—"はチャート圏外かチャート対象外を意味する。

ミュージック・ビデオ[編集]

ビデオ 監督
2010年 never cry 和田泰宏[14][15]
教えてよ〜miseducation〜
心 (Movie Ver.) 廣木隆一[16][17]
心 (Movie Ver.)(Short Ver.)
鏡花水月feat.舞花 多田卓也[18]
2012年 やだよ... 久保憲司[19]
2016年 maybe 不明
2017年 新世界 不明
2018年 Survivor 不明
2018年 I know 不明

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ なお、同曲を含む舞花の楽曲にクレジットされている「YUMI」は舞花の音楽活動をずっと応援してくれている実母である[6]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g “プロフィール”. 舞花オフィシャルサイト. http://maika.asia/profile/index.html 
  2. ^ 十字街『熊本日日新聞』2010年8月2日号24面。
  3. ^ a b “BIOGRAPHY”. ユニバーサルJ. http://www.universal-music.co.jp/universalj/artist/maika/biography.php 
  4. ^ a b 繊細だけど、変な子!?”. Music Mobile Magazine (2010年4月). 2013年1月7日閲覧。
  5. ^ a b 2010年9月30日号『熊本日日新聞』号外「変わる2010 熊本ブランド」18面より
  6. ^ a b c d e “Power Push 舞花”. ナタリー. (2010年). http://natalie.mu/music/pp/maika 
  7. ^ a b 3/1 舞花 卒業CDリリース記念LIVE!【蔦屋書店 熊本三年坂】” (日本語). tsutaya info. マチカラマチノイロイロ (2009年2月14日). 2010年10月4日閲覧。
  8. ^ メジャーデビュー前にiTunesチャート5位、期待の新人「舞花」とは?” (日本語). 音楽ニュース. リッスンジャパン (2010年4月2日). 2010年10月4日閲覧。
  9. ^ “マーティ・フリードマンのJ-POPメタル斬り/延長戦 メープルシロップのような甘い松田聖子のボーカルにメロメロ”. 日経トレンディ. (2010年7月23日). http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20100712/1032345/?ST=life&P=2 2010年9月30日閲覧。 
  10. ^ a b 舞花のCDシングルランキング” (日本語). オリコン芸能人事典. オリコン. 2011年5月1日閲覧。
  11. ^ a b JAPAN Hot 100” (日本語). ビルボード. 2011年2月23日閲覧。
  12. ^ a b 最新の音楽配信チャート” (日本語). RIAJ有料音楽配信チャート. 日本レコード協会. 2011年4月18日閲覧。
  13. ^ シングル「」のアナザーテイク。
  14. ^ never cry” (日本語). 楽曲関連情報. スペースシャワーTV (2010年4月). 2011年5月1日閲覧。
  15. ^ 教えてよ〜miseducation〜” (日本語). 楽曲関連情報. スペースシャワーTV (2010年6月). 2011年5月1日閲覧。
  16. ^ 心 (Movie Ver.)” (日本語). 楽曲関連情報. スペースシャワーTV (2010年10月). 2011年5月1日閲覧。
  17. ^ 心 (Movie Ver.)(Short Ver.)” (日本語). 楽曲関連情報. スペースシャワーTV (2010年10月). 2011年5月1日閲覧。
  18. ^ 鏡花水月feat.舞花” (日本語). 楽曲関連情報. スペースシャワーTV (2010年12月). 2011年5月1日閲覧。
  19. ^ やだよ...” (日本語). 楽曲関連情報. スペースシャワーTV (2010年4月). 2014年7月17日閲覧。