舞鶴鉄道部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

舞鶴鉄道部(まいづるてつどうぶ)とは、かつて京都府綾部市にあった西日本旅客鉄道(JR西日本)の鉄道部の一つである。

概要[編集]

ローカル線の活性化と効率的な鉄道運営ができるように1991年4月1日から鉄道部制度を導入し、舞鶴線全線と山陰本線園部駅(構内を除く) - 福知山駅(構内を除く)間を舞鶴鉄道部が運営するように改められた[1]

綾部駅構内にあり、福知山支社が管轄していたが、鉄道部制度の見直しにより廃止された。

沿革[編集]

  • 1991年(平成3年)4月1日:鉄道部制度に伴い、西舞鶴駅構内に第2次鉄道部として発足[1]
  • 1994年(平成6年):綾部駅構内に移転。
  • 2006年(平成18年)7月1日[要出典]:舞鶴鉄道部が廃止。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 『JR気動車客車編成表 '92年版』ジェー・アール・アール、1992年。ISBN 4-88283-113-9。