舟形木棺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
発掘調査中の方形周溝墓(平手町遺跡)。舟形木棺の痕跡が見える

舟形木棺(ふながたもくかん、ふながたもっかん)とは、弥生時代古墳時代にみられる刳抜(くりぬき)式の木棺丸太を縦に2つ割りにして中を刳り抜いて棺身と棺蓋をつくり、それを合わせて長大な円筒形のとして舟のようにかたちを整えたもの。

概要[編集]

直径1メートルもの巨木を刳り抜き、なかに遺体を納める空洞部分をつくっている。長さが5メートル以上におよぶものもある。刳抜式木棺としては、「舟形」のほか「割竹形木棺」があり、「舟形」は、棺の下半身の棺身底部を舳先のように削り出すところから命名されたものであるが、検出例は「割竹形」に比較して少ない。いずれも、材となる原木はマツ目のなかでもスギ科に近い常緑樹コウヤマキが多いといわれる。ただし、栃木県の下野七廻り鏡塚古墳の棺材はヒノキであった。

舟形木棺をともなう墳墓[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]