舟歌 (ショパン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
作品60『舟歌』
Barcarolle chopin.jpg
冒頭部分

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。
ジャンル ピアノ独奏曲
作曲者 フレデリック・ショパン

舟歌』嬰ヘ長調(Barcarole作品60)は、フレデリック・ショパン1846年に作曲・出版したピアノ独奏曲。シュトックハウゼン男爵夫人に献呈。

解説[編集]

嬰ヘ長調Allegretto三部形式

通常の舟歌は2拍子系の8分の6拍子であるが、より優雅安楽な演出のために4拍子系の8分の12拍子にしている。ノクターンに近い曲想。
冒頭は調性不安定な和声進行。嬰ト短調嬰ハ長調-主調と舟歌の浮揚感を象徴している。
パウゼ(休止)のあと主題が始まる。左手の特徴的なリズムの上に右手が3度6度の和声で叙情的に謡う。トリルも重音で現れるので滑らかな運指が必要。
中間部では一旦平行短調(嬰ヘ短調)で導入するが、対立や発展というより連綿と同様主題が転調反復される。イ長調の進行。しかし時に嬰ト長調(変イ長調)のアルペッジョを取り入れて単調な舟歌に節目をつけている。
モノフォニー嬰ハ長調レチタティーヴォが現れ、音階進行とトリルの後、主題が左手オクターヴ奏法に乗って再現する。
調性不安定なクロマチックの後に6度の和声で主調が回想され、最後には下降音階が華々しく締めくくるが余韻嫋々とした演奏もある。
晩年の作品であり技術、表現の面で難易度が高いため演奏会で取り上げる場合は上級者向けの曲。