航洋丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
航洋丸
OceanTug-nd717024.jpg
茨城県波崎沖で作業中の航洋丸
基本情報
船種 海難救助船
船籍 日本の旗 日本 東京
所有者 日本サルヴェージ
運用者 日本サルヴェージ
建造所 三菱重工業下関造船所
母港 門司港
船級 NK
信号符字 JLSC
IMO番号 9162148
MMSI番号 431330000
経歴
起工 1997年
竣工 1998年6月15日
就航 1998年
現況 就航中
要目
総トン数 2,096トン(国際2,474トン)
全長 86.08m
14.5m
深さ 6.7m
主機関 ダイハツ 8DLM-40A×2基
推進器 コルトノズル付可変ピッチプロペラ×2軸
バウスラスタ(10トン)
出力 5,000HP×2
最大速力 18.15ノット
航海速力 16.5ノット
航続距離 15,500マイル(16.5ノット時)
出典[1]
テンプレートを表示

航洋丸は、日本サルヴェージが保有する海難救助船(航洋曳船)。

概要[編集]

1967年竣工の初代航洋丸の代船として三菱重工業下関造船所で建造され、1998年に就航した。日本国内で最大の曳航能力を持つ曳船で、海難救助船として日本国内の海難事案に出動している。同社の門司支社のある門司港を定係港としている。

救援を行った海難事故[編集]

船体[編集]

長船首楼型で後部は乾舷の低い作業甲板となっている。船体中央に4層の上部構造物が配置されており、その前後にはクレーンが設置されている。故障船の曳航、消火活動、油流出事故への対応など様々な状況の海難事故に対応する設備、資材を備えている[1]

救助設備[編集]

  • 曳航装置
ウインチ - 45トン × 20m毎分 × 2基
ワイヤー - 68mm × 2,000m×2本
制動能力 - 200トン
  • 消火設備
消火ポンプ - 1,920m3/毎時 × 150m
油圧式消火銃(水) - 20,000L毎分 × 10kgs f/cm2
電動式消火銃(水・泡) - 10,000L毎分 × 9kgs f/cm2
電動式消火銃(粉) - 30kgs毎秒
  • 油流出対応設備
油中和剤散布銃 - 500L毎分
回収油収容タンク - 215.1m3

救助資材[編集]

  • 排水ポンプ × 15台
  • 消火用ポンプ × 1台
  • ダイアフラムポンプ × 1台
  • 発電機(220V/440V × 125kVA)
  • 水中溶切断機×2機
  • 救助錨 - AC14型4.2トン × 4丁
  • 救助鎖 - 48mm-63mm × 各10節(275m)
  • 滑車装置 × 15台
  • 潜水装置 × 5台
  • 作業艇 × 1隻
  • オイルフェンス × 200m
  • ワイヤーロープ - 24mm-56mm × 各200m

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 航洋丸 (PDF)”. 日本サルヴェージ株式会社. 2015年11月26日閲覧。
  2. ^ a b c d e 西部好昭「油濁事故とETV」『マリンエンジニアリング』第42巻第3号、日本マリンエンジニアリング学会、2007年、 81-85頁、 doi:10.5988/jime.42.3_4092015年11月26日閲覧。
  3. ^ http://www.cna.com.tw/news/firstnews/201612050361-1.aspx?utm_source=facebook.com&utm_medium=fanpage&utm_campaign=fbpost