航空地方気象台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

航空地方気象台(こうくうちほうきしょうだい)とは、気象台の一種で、航空機の安全を図るために警報飛行場予報を発表したり、空港気象観測、気象ブリーフィングを行ったりしている。空港内に設置されている。

日本では5か所存在する。地方気象台と同等に扱われる機関だが、業務内容がかなり異なっている。各航空地方気象台ごとに、管内の空港に出張所や分室が設けられ、そこでも各種業務を行っている。各管区気象台に監理される。

航空地方気象台の管轄外では、測候所と同等に扱われる航空測候所がほぼ同様の業務を行っており、日本には3か所存在する。

気象庁が観測を地方公共団体などに委託している機関は航空気象観測所と呼ばれる。しかし、そこでも気象情報の提供や観測の指示・指導、品質管理、観測所の気象測器の維持などは、担当する航空気象官署(基地気象官署)が行っている。近年は委託化が進み、多くの分室や出張所が航空気象観測所に変更されている。

また、空港気象連絡室は、パソコンによる気象情報の閲覧と担当航空気象官署への専用電話を使った遠隔解説を提供する場所であり、観測等は気象庁ではなく防衛省が行っている。

日本の航空地方気象台[編集]

(*)の付いている空港は、航空地方気象台が飛行場予報を発表している空港。

所在地:東京国際空港(羽田空港)(*)
航空気象観測所:大島空港新潟空港(*)・富山空港(*)・能登空港松本空港静岡空港(*)・新島空港神津島空港三宅島空港八丈島空港佐渡空港福井空港(以上基地は東京)
空港気象連絡室:小松空港(*)・百里空港(*)(以上東京の遠隔解説)
  • 成田航空地方気象台(東京管区気象台管内)
所在地:成田国際空港(*)
  • 中部航空地方気象台(東京管区気象台管内)
所在地:中部国際空港(*)
所在地:関西国際空港(*)
航空気象観測所:大阪国際空港(*)・八尾空港神戸空港南紀白浜空港鳥取空港出雲空港(*)・岡山空港(*)・広島空港(*)・高松空港(*)・松山空港(*)・高知空港(*)・石見空港隠岐空港(以上基地は関西)
空港気象連絡室:美保空港(*)・徳島空港(以上関西の遠隔解説)
所在地:福岡空港(*)
航空気象観測所:鹿児島空港(*)・長崎空港(*)・奄美空港山口宇部空港北九州空港(*)・佐賀空港(*)・対馬空港福江空港熊本空港(*)・大分空港(*)・宮崎空港(*)・屋久島空港種子島空港壱岐空港上五島空港小値賀空港喜界空港徳之島空港与論空港沖永良部空港(以上基地は奄美)
空港気象連絡室:岩国空港(福岡の遠隔解説)

日本の航空測候所[編集]

(*)の付いている空港は、航空測候所が飛行場予報を発表している空港。

所在地:新千歳空港(*)
航空気象観測所:函館空港(*)・釧路空港(*)帯広空港(*)・稚内空港旭川空港(*)・女満別空港(*)・中標津空港奥尻空港利尻空港紋別空港(以上基地は新千歳)・礼文空港(基地は新千歳だが現在定期就航便なし)
空港気象連絡室:丘珠空港(新千歳の遠隔解説)
所在地:仙台空港(*)
航空気象観測所:青森空港(*)・花巻空港秋田空港(*)・山形空港庄内空港福島空港(*)・大館能代(以上基地は仙台)
空港気象連絡室:三沢空港(仙台の遠隔解説)
所在地:那覇空港(*)
航空気象観測所:石垣空港(*)・宮古空港下地島空港伊江島空港慶良間空港粟国空港南大東空港北大東空港久米島空港波照間空港与那国空港多良間空港(以上基地は那覇)

関連項目[編集]