般若

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
仏教用語
パンニャー
英語 wisdom
パーリ語 पञ्ञा, paññā
サンスクリット語 प्रज्ञा, Prajñā
中国語 慧, 智, 智慧
日本語 般若
(ローマ字: Hannya)
仏教
波羅蜜
 
十波羅蜜
布施
持戒
出離
精進
忍辱
真諦
   
六波羅蜜
布施
持戒
忍辱
精進
禅定
 
同色は両者に存在する項目

仏教用語般若(はんにゃ)とは、サンスクリット語: प्रज्ञा, prajñāプラジュニャー)、パーリ語: पञ्ञा, paññāパンニャー)に由来し、全ての事物や道理を明らかに見抜く深い智慧のこと[1]

仏教瞑想の文脈では、すべての物事の特性(三相、すなわち無常無我)を理解する力であるとしている[2]。大乗仏教においては、それは(シューニャ)の理解であるとしている。

菩薩悟りに達するために修める六波羅蜜のうち、般若波羅蜜は他の五波羅蜜を成り立たせる根拠として最も重要な位置を占める[1]

原語と漢訳[編集]

「般若」は: prajñā音写であり、波若、般羅若、斑若、鉢若、鉢羅枳嬢[要出典]などとも書く[1]。漢訳は慧、智慧、明(みょう)など[1]

上座部仏教[編集]

アビダンマ注記書では、般若には次の3種類があるという[3][4][5]

  1. 学習による般若 (Pāli: suta-maya-paññā): 書籍や聴講による知識、知恵。
  2. 反射による般若(Pāli: cinta-maya-paññā): 思考や理論的推論による知識、知恵。
  3. スピリチュアルな成長による般若 (Pāli: bhāvanā-maya-paññā) : 直接的なスピリチュアル経験から得た知識、知恵。5世紀の上座部仏教注記者ブッダゴーサは、この種の知識は高度な瞑想への没頭(ディヤーナ)から得られるとしている。[5]

20世紀タイのリー高僧(Ajahn Lee Dhammadharo)は、その最初の2つを理論レベルのダルマ、最後の1つは実践レベルのダルマと分類している[6]

アビダンマでは、般若を取得する7つの方法を示している[4]

  1. 賢い人に尋ねる
  2. 物事をきれいに保つ
  3. 五根(信、精進、念、定、慧)のバランスをとる。
  4. 愚かな人を避ける
  5. 賢い人と付き合う
  6. を振り返って分析する
  7. 知恵の発達に傾倒する心を持つ

ヴィパッサナー[編集]

ヴィパッサナー瞑想の文脈において般若は、すべての物事の本質的な3つの特徴(三相)、すなわち無常(アニッチャ)、 (ドゥッカ)、 無我(アナッタン)を理解する能力として記されている[2]。ブッダゴーザは、般若の役割を「個々の状態の本質」を理解することで、「無明の闇から脱出する」ことであると述べている[7]

Sabbe saṅkhārā aniccā'ti yadā paññāya passati
Atha nibbindati dukkhe esa maggo visuddhiyā.
Sabbe saṅkhārā dukkhā'ti yadā paññāya passati
Atha nibbindati dukkhe esa maggo visuddhiyā.
Sabbe dhammā anattā'ti yadā paññāya passati
Atha nibbindati dukkhe esa maggo visuddhiyā.

「一切の形成されたもの(行,サンスカーラ)は無常である」(諸行無常)と
明らかな智慧(パンニャー)をもって観るときに、ひとは苦(ドゥッカ)から厭い離れる。これが清浄への道である。
「一切の形成されたもの(行)は苦(ドゥッカ)である」(一切皆空)と
明らかな智慧をもって観るときに、ひとは苦から厭い離れる。これが清浄への道である。
「一切の事物()は無我(アナッタン)である」(諸法非我)と
明らかな智慧をもって観るときに、ひとは苦から厭い離れる。これが清浄への道である。

大乗仏教[編集]

共般若と不共般若[編集]

声聞縁覚・菩薩のために共通して説かれた教えを共般若(ぐばんにゃ)といい、菩薩のためにのみ説かれた教えを不共般若(ふぐうはんにゃ)という[1]

観照般若と実相般若[編集]

一切法の真実絶対の姿を観照して知りぬく智慧を観照般若といい、般若の智慧によって観照された対境としての一切法の真実絶対の姿を実相般若という[1][注釈 1]

三般若・五種般若[編集]

三般若と呼ばれるものに下記の2つがある[1]

観照般若・実相般若・文字般若に、境界般若と眷属般若を加えた5つを五種般若という[1]

仏典における扱い[編集]

大智度論[編集]

大智度論』 (44) に次のように言及されている。

般若とは秦に智慧という。一切のもろもろの智慧の中で、最も第一たり、無上、無比、無等なるものにして、さらに勝るものなし。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 実相般若そのものは般若ではないが、般若を起こす根源であるため般若と呼ばれる[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 総合仏教大辞典編集委員会(編)『総合仏教大辞典』下巻、法蔵館、1988年1月、1174頁。
  2. ^ a b Thepyanmongkol, Phra (2012) (英語). A Study Guide for Right Practice of the Three Trainings. Wat Luang Phor Sodh. pp. 255-258. ISBN 978-974-401-378-1. https://books.google.com/books?id=6XFW45RDK6wC&newbks=1&newbks_redir=0&printsec=frontcover#v=onepage&q&f=false. 
  3. ^ Bhikkhu, Buddhadasa (2017-05-16) (英語). Under the Bodhi Tree: Buddha's Original Vision of Dependent Co-arising. Simon and Schuster. pp. 22. ISBN 978-1-61429-219-7. https://books.google.com/books?id=EaHRDgAAQBAJ&newbks=1&newbks_redir=0&printsec=frontcover#v=onepage&q&f=false. 
  4. ^ a b www.wisdomlib.org (2019年9月21日). “(4) Fourth Pāramī: The Perfection of Wisdom (paññā-pāramī)”. www.wisdomlib.org. 2020年1月23日閲覧。
  5. ^ a b Buddhaghosa (1991) (英語), The Path of Purification: Visuddhimagga, Buddhist Publication Society, translated by Ñāṇamoli Bhikkhu, pp. 434-435, ISBN 978-955-24-0023-0, https://www.accesstoinsight.org/lib/authors/nanamoli/PathofPurification2011.pdf 2020年1月25日閲覧。 
  6. ^ Dhammadharo, Ajahn Lee (2012年). “Basic Themes: Four Treatises on Buddhist Practice”. USA: Metta Forest Monastery, translated by Thanissaro Bhikkhu. pp. 89. 2020年1月26日閲覧。
  7. ^ Buddhaghosa (1991) (英語). The Path of Purification: Visuddhimagga. Buddhist Publication Society, translated by Ñāṇamoli Bhikkhu. pp. 433. ISBN 978-955-24-0023-0. https://books.google.com/books?id=B_UWm9xLDVQC&dq=The+Path+of+Purification&source=gbs_navlinks_s. 

関連項目[編集]