船宮古墳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
船宮古墳
Funanomiya Kofun, zenkei.jpg
墳丘(左に前方部、右奥に後円部)
別名 船之宮古墳
所在地 兵庫県朝来市桑市
位置 北緯35度15分36.62秒
東経134度48分45.27秒
座標: 北緯35度15分36.62秒 東経134度48分45.27秒
形状 前方後円墳
規模 墳丘長91m
高さ6m(後円部)
埋葬施設 不明
出土品 埴輪
築造時期 5世紀後半
史跡 兵庫県指定史跡「船之宮古墳」
特記事項 但馬地方第2位の規模
地図
船宮古墳の位置(兵庫県内)
船宮古墳
船宮古墳
テンプレートを表示

船宮古墳(ふなのみやこふん、船之宮古墳)は、兵庫県朝来市桑市にある古墳。形状は前方後円墳。兵庫県指定史跡に指定されている。

但馬地方では第2位の規模の古墳で、5世紀後半(古墳時代中期)頃の築造と推定される。

概要[編集]

但馬地方の首長墓系譜[1]
古墳群 古墳名 形状 墳丘長
池田古墳 前方後円墳 136m
茶すり山古墳 円墳 直径90m
船宮古墳 前方後円墳 91m
岡田 長塚古墳 前方後円墳
小丸山古墳 前方後円墳

兵庫県北部、円山川左岸の段丘上に築造された古墳である[2]。現在は前方部に八幡神社が鎮座する[3]1980年昭和55年)に測量調査が、1987-1989年度(昭和62-平成元年度)に墳丘裾部・周囲部の発掘調査が実施されている[2]

墳形は前方後円形で、前方部を北方に向ける。墳丘は3段築成[4]。墳丘長は約91メートルを測り[2][4]、但馬地方(兵庫県北部)では池田古墳(朝来市和田山町平野、136メートル)に次ぐ第2位の規模になる。墳丘くびれ部の左右には造出を有する[2]。墳丘表面では葺石円筒埴輪形象埴輪(蓋形・盾形・動物形埴輪)が認められ、特に鼻輪を伴う牛形埴輪は全国的にも珍しい例として注目される[4]。また墳丘周囲には盾形の周濠(幅10メートル)が巡らされており[2]、周濠を含めた全長は約120メートルにおよぶ[3]。主体部の埋葬施設および副葬品は明らかでない[2]

この船宮古墳は、古墳時代中期の5世紀後半頃の築造と推定される[2][5]。被葬者は明らかでないが、国造級の豪族の首長墓と想定され、特に当地を治めた但遅麻国造の船穂足尼一族との関連を指摘する説がある[4][5]。一帯は狭い平野であるが、このような大型の古墳が築造された背景として、円山川沿いが山陽・山陰地方を結ぶ交通路であったことが指摘される[2]

古墳域は1961年(昭和36年)に「船之宮古墳」の名称で兵庫県指定史跡に指定されている[6]

来歴[編集]

構造[編集]

後円部から前方部を望む

古墳の規模は次の通り[2]

  • 古墳総長:約120メートル[3] - 周濠を含めた全長。
  • 墳丘長:約91メートル
  • 後円部 - 3段築成[4]
    • 直径:約49メートル
    • 高さ:約6メートル
  • 前方部 - 3段築成[4]
    • 幅:約63メートル

文化財[編集]

兵庫県指定文化財[編集]

  • 史跡
    • 船之宮古墳 - 1961年(昭和36年)5月12日指定[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ パンフレット「朝来にねむる 古代但馬の王者たち」(朝来市教育委員会)。
  2. ^ a b c d e f g h i j k 船宮古墳(平凡社) 1999.
  3. ^ a b c 船宮古墳(古墳) 1989.
  4. ^ a b c d e f 朝来市の文化財 2013, p. 31.
  5. ^ a b c d 史跡説明板(旧朝来町教育委員会、1989年設置板)。
  6. ^ a b c 県指定文化財一覧 (PDF) (兵庫県立教育研修所)。

参考文献[編集]

(記事執筆に使用した文献)

  • 史跡説明板(兵庫県教育委員会 1974年設置板、旧朝来町教育委員会 1989年設置板)
  • 地方自治体発行
    • 「船之宮古墳」『朝来市の文化財』 朝来市教育委員会、2013年、31頁。
  • 事典類

関連文献[編集]

(記事執筆に使用していない関連文献)

  • 『船宮古墳(朝来町文化財調査報告書 第2集)』 朝来町教育委員会、1990年

関連項目[編集]