船山隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

船山 隆(ふなやま たかし、1941年5月2日 - )は日本の音楽学者現代音楽研究家、批評家東京芸術大学名誉教授、東京オペラシティ文化財団評議員。妻は上野学園大学特別顧問、音楽学者の船山信子。戸籍名は舩山隆だが、著作では船山隆という表記を使っている。

来歴[編集]

 1941年5月2日郡山市生まれ。1960年東京芸術大学音楽学部楽理科に入学。1967年同大学院音楽研究科修士コース修了。1972年から1974年にかけてパリ第8大学博士コースに在学。1984年東京芸術大学教授。2009年に同大学名誉教授に就任。

 1987年第1回津山国際総合音楽祭副監督に就任。第2回、第3回、第6回の音楽監督を歴任。津山文化振興財団理事(1998年2012年)、津山市音楽顧問(2002年2012年)も務める。2014年より郡山市フロンティア大使。2016年より郡山市図書館名誉館長。

 音楽祭の企画・構成については、東西の地平音楽祭(1983年)、表現主義音楽再考(1984年)、アリオン・レクチャー・コンサート(1985年1990年)、東京の夏音楽祭(1985年~)、パリ日本文化会館武満徹フェスティヴァル(1997年)を担当した。

 また、京都賞、高松宮世界文化賞、京都音楽賞の選考委員を務める。

 主要著訳書としては、〈現代音楽 音とポエジー〉(1973年)、〈ストラヴィンスキー〉(1995年)、〈マーラー〉(1987年)、〈武満徹〉(1998年)、〈音楽における完結と未完結〉(2009年)、ブーレーズ〈徒弟の覚書〉(1982年)、ド・ラ・グランジュ〈マーラー〉(1993年)。

 受賞・表彰としては、芸術選奨文部大臣新人賞(1986年、文部省)、サントリー学芸賞(1986年、サントリー文化財団)、芸術文化勲章シュヴァリエ(1988年、フランス政府)、有馬賞(1991年、NHK交響楽団)、福島県外在住功労者知事表彰(2015年、福島県知事)。

 サントリー音楽財団(1984年~)、アリオン音楽財団(1985年~)、東京オペラシティ文化財団(1995年~)の各評議員、日本フィルハーモニー交響楽団理事(1989年2002年)。