船岡山城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
logo
船岡山城
京都府
船岡山城(横堀跡)
船岡山城(横堀跡)
別名 船崗山城、山名城
城郭構造 山城
天守構造 なし
築城主 大内政弘
築城年 応仁元年(1467年)
主な城主 大内政弘山名教之細川政賢
遺構 削平面、土塁、横堀
指定文化財 国の史跡
位置 北緯35度2分22.916秒
東経135度44分30.721秒
地図
船岡山城の位置(京都府内)
船岡山城
船岡山城

船岡山城(ふなおかやまじょう)は京都市北区にある中世日本の城山城)跡。別名、船崗山城、山名城とも呼ばれている。

概要[編集]

船岡山城は、応仁元年(1467年)に始まる応仁の乱の西軍の城として船岡山に築造された。翌年、東軍によって落城し、その後は東西両軍とも利用しなかったため、廃城となった。臨戦用の陣城と推定されており、恒久的な城郭施設の存在は不明である。遺構としては山腹に横堀が掘られており、の外側土塁が積みあがっている。また山頂部にはかなり広い削平面が確認でき、典型的な中世の山城であった。

沿革[編集]

応仁の乱で、備前国守護山名教之丹後国守護一色義直らが船岡山城で立てこもった。この時に、西軍は船岡山一帯を陣地としたため、その後西陣の名で呼ばれるようになる。

次は、永正8年(1511年)に細川政賢大内義興の間で繰り広げられた船岡山合戦が行われた。

アクセス[編集]

参考文献[編集]

  • 『日本城郭大系 第11巻 京都・滋賀・福井』新人物往来社、1980年。

関連項目[編集]