船岡末利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

船岡末利(ふなおか すえとし、1931年 - )は、日本のフランス文学者。 山形県鶴岡市生まれ。1954年東北大学経済学部卒業。大手商社勤務ののち、66年から68年までパリ大学留学、フランス文明、現代文学ディプロマ取得。71年京都大学文学研究科仏語学仏文学専攻修士課程修了。仏語非常勤講師。79年東海大学外国語教育センター助教授、85年教授。97年定年退職。

著書[編集]

  • 商社漂流す 日本経済新聞社、1979.5.
  • Pierre Loti et l’extrême-orient : du journal à l’œuvre par Suetoshi Funaoka ; ouvrage publié avec le concours du Ministère de l’éducation nationale du Japon. France Tosho, 1988.
  • 巴里節 日本図書刊行会 1998.6.
  • ラフカディオ・ハーンの青春 フランス・アメリカ研究余話 近代文芸社新書、2004.9.
  • 雨のイスタンブール ライフリサーチプレス、2005.3.
  • パリ五月革命と日本人留学生 論創社、2008.1.
  • 新入社員物語 論創社、2008.12.

翻訳[編集]

参考[編集]