船橋18歳少女殺害事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
船橋18歳少女殺害事件
場所 日本の旗千葉県船橋市
日付 2015年4月
攻撃手段 生き埋め
攻撃側人数 4名
死亡者 18歳少女A
容疑 首謀者少女B(犯行当時18歳)、男C、男D、少年E
対処 B、C、Dに無期懲役
テンプレートを表示

船橋18歳少女殺害事件(ふなばし18さいしょうじょさつがいじけん)とは、2015年4月に千葉県船橋市で少女が殺害された事件

概要[編集]

命乞いする被害者生きたまま埋めるという凄惨さから、実行犯の男と犯行当時18歳少女に無期懲役判決が言い渡される、少年犯罪の中でも特に厳しいものとなった。

犯行当時18歳の少女無期懲役判決を受け、確定した初の事件であった。

なお同時期に犯行当時19歳少女が起こした名古屋大学女子学生殺人事件の第一審判決が出ており、こちらも無期懲役を言い渡されている(少女犯罪での無期懲役2例目)。

被害者少女と面識があったのは加害者少女のみで、男3人は加害者少女と知り合いで被害者と当日まで接点もなかった。

事件[編集]

当時18歳だった被害者少女Aと同じく18歳だった加害者少女Bはかつて友人であったが、被害者の女性はアルバイトをしており、加害者少女に飲食費を借りることもあった。卒業アルバムを返さなかったことからトラブルに発展。音信不通になるなどしてBは憎悪を募らせた[1]。Bは肉体関係のあった男D(井出裕輝被告(当時22))に相談し、Dは仕事仲間の少年Eと殺害の準備を進めた。

2015年4月19日夜、Aは、B、男C、D、少年Eの4人に声をかけられ、連れ去られた。

4月20日未明、あらかじめ掘られた穴に被害者少女を結束バンドで両腕を縛り座らせ、生きたまま埋められた被害者は窒息死。財布や携帯電話などを奪い逃走した。

4月21日、船橋東警察署に「女性が埋められたという話がある」と通報があり捜査を開始。4月23日、B、D、Eが逮捕。4月24日、所在が分からなかったCが鎌ケ谷警察署に出頭、逮捕。同日芝山町の畑で捜索を行い遺体を発見。遺体の頭部には何重にも巻かれ容易に顔を判別できないよう工作されていた。5月13日、4人を強盗殺人容疑で再逮捕。5月15日に4人を千葉地方検察庁に送検。

裁判[編集]

2015年6月4日、千葉地方検察庁はCとDを強盗殺人逮捕監禁罪などで起訴。Bは強盗殺人、逮捕監禁の非行事実で、Eは逮捕監禁の非行事実(共謀関係が無いとして強盗殺人では不起訴)で家裁送致した。

7月17日、千葉家裁は家裁送致されたBについて検察官送致。7月24日、千葉地方検察庁は強盗殺人、逮捕監禁罪でBも起訴。

Dの裁判
2016年11月11日、初公判が開かれ、罪状を認めた。Aが泣いて命乞いをしたが、周りに聞こえると焦り、急いで埋めたと説明。11月21日に検察が計画的で極めて残虐な、身勝手な犯行であるとして無期懲役を求刑。11月30日に千葉地方裁判所は無期懲役を言い渡した。翌日控訴
2017年6月8日、東京高等裁判所は無期懲役を支持し、控訴を棄却。被告弁護側は上告
10月10日、最高裁判所第1小法廷は、上告を棄却、無期懲役判決が確定。
Bの裁判
2017年1月13日、初公判が開かれ、Bは起訴内容を一部否認。強盗殺人ではないと主張。1月24日、被告人質問では現時点で遺族にこういう謝罪をしよう、という具体的なものは何もないのかと問われると、「はい」と即答した。Aの父親が出廷し、Bに対し「死刑を求めます」と強い口調で述べた[2]
1月25日、検察は無期懲役を求刑。2月3日、千葉地方裁判所は無期懲役を言い渡した。
2018年12月11日、東京高等裁判所で控訴審判決があり、後藤真理子裁判長は無期懲役とした一審千葉地方裁判所判決を支持し、弁護側控訴を棄却した[3]
2019年6月3日、最高裁第2小法廷は上告を棄却。無期懲役判決が確定。
Cの裁判
2017年2月13日、初公判が開かれ、Cは起訴内容を一部否認。強盗殺人ではないと主張。
2月23日、検察は無期懲役を求刑。3月10日、千葉地方裁判所は無期懲役を言い渡した。控訴中。

脚注[編集]

関連項目[編集]