船津橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
船津橋(大阪市)

船津橋ふなつばし)は、大阪市の堂島川旧淀川)に架かる橋。

大阪市北区中之島6丁目と大阪市福島区玉川1丁目、野田4丁目の間を結んでいる。

橋の南側に端建蔵橋(はたてくらばし。土佐堀川旧淀川〉に架かる橋)がある。

歴史[編集]

船津橋が最初に架けられたのは江戸時代元禄中期以降と伝わる)である。堂島開発の一環として架けられた5つの橋(大江橋渡辺橋田蓑橋、堀江橋、船津橋)のうちの1つである。後に少し西側(下流側)、新しい築地のほぼ中央部と福島を結ぶ位置に移動されたものと思われる。『地方役手鑑』、『堂島旧記』によると江戸時代の船津橋は、四三間半一尺(86m)、幅員二間(3.9m)の規模だった。

1885年明治18年)に洪水で流失。その後市電西野田線建設に伴って1914年大正3年)、今までの船津橋のすぐ下流に新しい船津橋が鋼桁橋で完成した。

現在の船津橋は、大阪市営地下鉄四つ橋線(現在のOsaka Metro四つ橋線)の建設と高潮対策の2つの理由により、1963年昭和38年)に架け替えられたものである。

仕様[編集]

周辺情報[編集]

  • 上船津橋(堂島川 ひとつ上流の橋)
  • 端建蔵橋(土佐堀川沿いに結ぶ橋)

地図[編集]

BridgeOfNakanoshima.png

座標: 北緯34度41分8.8秒 東経135度28分54.1秒