船津町 (鹿児島市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 鹿児島県 > 鹿児島市 > 船津町
船津町
—  町丁  —
船津町の位置(鹿児島市内)
船津町
船津町
船津町の位置(鹿児島県内)
船津町
船津町
座標: 北緯31度35分19.5秒 東経130度33分27.5秒 / 北緯31.588750度 東経130.557639度 / 31.588750; 130.557639
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 鹿児島県
市町村 鹿児島市
地域 中央地域
地区 中央地区
人口 (2010年(平成22年)2月末現在)
 - 計 380人
等時帯 JST (UTC+9)
郵便番号 892-0831

船津町(ふなつちょう Funatsu-Chō)は鹿児島県鹿児島市町名郵便番号は892-0831。人口は380人、世帯数は228世帯(2010年2月末現在)[1]。船津町の全域で住居表示を実施している。

船津町という町名は江戸時代に船着き場が所在していたことに由来する[2]

地理[編集]

鹿児島市中部に位置している。町域の北方に呉服町、南方に松原町、西方に千日町、東方に新町が接している。町域の中央を南北に国道225号が通っている。

歴史[編集]

江戸期は鹿児島城下下町のうちであった。1889年(明治22年)に市制が施行されたのに伴い、鹿児島市が成立。江戸期の船津町は鹿児島市の町名「船津町」となった。

1963年昭和38年)に一部が分割され千日町となり[3]、同時に船津町の全域で住居表示が実施された[4]

町域の変遷[編集]

実施後 実施年 実施前
千日町の一部 1963年昭和38年) 船津町の一部

人口の変遷[編集]

統計年次〔年〕 世帯数〔世帯〕 総人口〔人〕 備考
1908年(明治41年) 170 735 [3]
1922年(大正11年) 177 1,066 [3]
1935年(昭和10年) 198 1,069 [3]

施設[編集]

金融
住宅
  • 船津町市街地住宅

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区(校区)は以下の通りとなる[5]

町丁 番・番地 小学校 中学校
船津町 全域 鹿児島市立松原小学校 鹿児島市立甲東中学校

交通[編集]

道路[編集]

国道

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 統計情報 - 鹿児島市ホームページ。
  2. ^ 『南日本新聞』 2013年1月8日付 19面(港町を歩く、消えた「始まり」の町名)
  3. ^ a b c d 『角川日本地名大辞典 46 鹿児島県』角川書店 p.567
  4. ^ 『鹿児島市史 第三巻』 p.742 - 鹿児島市 1972年
  5. ^ 小・中学校の校区表”. 鹿児島市役所. 2010年7月9日閲覧。

座標: 北緯31度35分19.5秒 東経130度33分27.5秒