船浮港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
船浮港
船浮港浮桟橋
船浮港浮桟橋
所在地
日本の旗 日本
所在地 沖縄県八重山郡竹富町
詳細
開港 1972年5月15日[1]
管理者 沖縄県
種類 地方港湾
面積 1,150ha[1]
係留施設数 8(うち係船浮標 4)[2]
桟橋数 1[2]
統計
統計年度 2015年
発着数 1,766隻/30,679総トン(入港船舶)[3]
貨物取扱量 72トン[3]
旅客数 18,637人(乗降人員)[3]
公式サイト 船浮港 (PDF)
船浮港旅客待合所
船浮港-白浜港に就航する船浮海運のニューふなうき(白浜港)
船浮湾

船浮港(ふなうきこう)は、沖縄県八重山郡竹富町西表島船浮地区にある地方港湾であり、全国に36港ある避難港のひとつである。港湾管理者は沖縄県[1]統計法に基づく港湾調査規則では乙種港湾に分類されている[4]

概要[編集]

浮桟橋などの港湾施設を備え定期旅客船等が発着する船浮地区と、船浮湾全域からなり避難港として機能する港湾地区とで構成される。

船浮港が所在する船浮地区は、西表島の西部に位置し島内の他の集落と道路が通じていない文字通りの陸の孤島[5]、船舶が集落外への唯一の交通手段であり、住民はほぼ全世帯が船舶を保有しているため、船浮港は日常生活に不可欠の生活港湾である[6]

また、船浮湾は、湾口に位置する内離島衝立のような役割を果たし、船舶の停泊に適する[7]ことから、古くから避難港として利用されてきた[8]

沿革[編集]

施設[編集]

  • 係留施設[2]
    • 物揚場 (-3.5m) - 20m(最大対象船舶 200総トン)
    • 物揚場 (-2.0m) - 30m(最大対象船舶 3総トン)
    • 浮桟橋 - 1基(最大対象船舶 74総トン)
    • 船揚場 - 30m
    • 係船浮標
      • 1基 1,000純トン
      • 3基 500純トン
  • 旅客待合所 - 鉄筋コンクリート構造平屋建て、延床面積55.96m2。多目的トイレ等が設置されている[10]

定期航路[編集]

船浮海運が以下の定期航路を運航している。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 港湾管理者一覧表 (PDF) 国土交通省港湾局、2017年4月1日
  2. ^ a b c 八重山要覧 平成28年度版 第3章 交通・通信 (PDF) 沖縄県八重山事務所、2017年8月
  3. ^ a b c 港湾統計(年報)平成27年 国土交通省
  4. ^ 港湾調査規則 e-Gov
  5. ^ 陸の孤島 西表島「船浮」 琉球新報、2007年9月27日
  6. ^ 船浮港を増築へ 八重山土木事務所 八重山毎日新聞、2014年1月22日
  7. ^ 波照間永吉「八重山歌謡にみる地名 (PDF) 」 沖縄芸術の科学 第14号、沖縄県立芸術大学、2002年
  8. ^ a b c 船浮港 (PDF) 沖縄県土木建築部港湾課
  9. ^ 竹富町の沿革1 竹富町
  10. ^ a b c 船浮港、浮桟橋が供用開始 新造船「ニューふなうき」も就航 八重山毎日新聞、2008年4月15日