船田和英

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
船田 和英
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 静岡県浜松市
生年月日 1942年5月5日
没年月日 (1992-05-28) 1992年5月28日(50歳没)
身長
体重
181 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1962年
初出場 1962年10月4日
最終出場 1980年10月10日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • ヤクルトスワローズ (1981 - 1990)

船田 和英(ふなだ かずひで、1942年5月5日 - 1992年5月28日)は、静岡県浜松市出身の元プロ野球選手内野手)・コーチ

ニックネームは「ライフルマン[注 1]

経歴[編集]

浜松商業ではサッカー部に入るつもりであったが、家に新品で貰い物のスパイクがあったため野球部に入部。3年次の1960年夏の甲子園県予選で準々決勝に進出するが、清水市商に敗れる。

卒業後は北洋水産を経て、1962年のシーズン途中に読売ジャイアンツへ入団。10月2日の大洋戦(川崎)に8番・二塁手で初先発初出場を果たし、2年目の1963年には塩原明須藤豊らとのレギュラー争いを制して二塁手の定位置を獲得。4月14日阪神戦(甲子園)で9回表に村山実から左前適時打を放って初安打初打点、2日後の同16日には広島戦(広島市民)で1回表に龍憲一から左越3ラン本塁打を放って初本塁打を記録。この時の試合は、1回表に巨人が2点先制した後に船田が広島の2番手・龍から3ラン本塁打を放った。さらに2回表にも長嶋茂雄がバックスクリーンへの3ラン本塁打でほぼ大勢が決まりその後も着々と追加点を重ね、投げては先発中村稔が2失点で余裕の完投勝利を挙げ、17-2と広島に圧勝した[1]。同年は6本塁打を放っているが、6本中4本は大洋から放ったものである。入団前に所属していた北洋水産は大洋漁業の系列会社であったため、入団後は大洋ファンから野次られるなど目の敵にされた。4本中3本は川崎球場から放っており、7月20日鈴木隆翌21日権藤正利から2日連続本塁打を記録。後の2本は初本塁打を放った広島からであり、いずれも広島市民球場から放っている。オールスターゲーム初出場も果たし、同年のリーグ優勝に貢献。西鉄との日本シリーズでは全7試合中5試合に先発出場するが、17打数4安打1打点3四死球とあまり活躍の場はなかった。その後は打撃面で伸び悩み、1964年にはオールスター2年連続出場も果たすが、故障の多いこともあって1965年にはレギュラーの座を土井正三に奪われる。

1966年田中久寿男との交換トレードで西鉄ライオンズへ移籍し、新天地では遊撃手として活躍。同年は開幕から2番打者として起用され、自己最多の135試合に出場。初の規定打席(25位、打率.222)にも到達し、リーグ最多の27犠打を記録する傍ら自身初の2桁本塁打となる14本塁打を放ち、2年ぶり3度目のオールスター出場と充実のシーズンを送る。オールスターは7月19日の第1戦(東京)で小川健太郎から本塁打を放った。14本中6本は東京戦から放ったものであり、6本中3本は坂井勝二から放った[2]10月5日のダブルヘッダー第1試合(平和台)では1回裏一死から船田が左翼へのソロ本塁打、次の高倉照幸も続いてソロ本塁打で2点を先制。2回表に榎本喜八にソロ本塁打を打たれたものの、5回裏に二死満塁からまたも高倉のタイムリー安打で1点を追加、投げては西鉄先発の田中勉が2回の1点と9回表に1点を失ったが最後に踏ん張っての完投勝利で、3-2と逃げ切った。この勢いで第2試合も6-3で勝利し、この日敗れると南海の優勝が決まっただけにギリギリで踏みとどまった[2]1967年は故障で浜村健史にレギュラーを譲るが、1968年には三塁手として復活し、リーグ7位の打率.286を記録して自己最多の16本塁打を放った。同年は2年ぶりにオールスター出場を果たし、7月25日の第3戦(西宮)でジーン・バッキーから本塁打を放った。1969年には7月20日に2年連続出場のオールスター第2戦(甲子園)で3安打を放ってMVPを獲得したが、1970年には黒い霧事件に連座したため、同年11月末まで野球活動禁止処分を受けた。

1972年にはヤクルトアトムズへ移籍し、同年に放った8本塁打は大洋と中日から4本ずつ放ったものである。大洋から放った4本中2本は5月17日に川崎で鬼頭洋から放ったもので、8月19日金沢兼六園では竹村一義から満塁本塁打を、10月3日の川崎では鬼頭から3本目を放った。中日から放った4本は7月8日宮城から翌9日岩手県営にかけての2日連続本塁打、8月1日神宮で記録した1日2本塁打である。ヤクルトでは内外野どこでもこなすユーティリティプレイヤーとして重宝され、1973年には9月8日阪神戦(甲子園)で2番・二塁手として先発し、史上169人目の通算1000試合出場を達成。この年に放った4本塁打は阪神と広島から2本ずつ記録したものであり、阪神から放った2本は4月19日に神宮で江夏豊から記録した1日2本塁打である。1974年は6本塁打でそのうちの4本から大洋から記録したが、10月12日の巨人戦(神宮)では高橋善正から本塁打を放ち、古巣からは初めてとなった。1975年にはセ・リーグ通算1500盗塁を達成すると、1976年には三塁手のレギュラーとなり、10月12日広島戦(神宮)で北別府学から中越二塁打を放って史上99人目の通算1000本安打を達成。同年は自身初の打率.302(12位)を記録し、カムバック賞を受賞。1978年には球団創設以来初のリーグ優勝にも貢献。5月13日の大洋戦(神宮)では井原慎一朗の代打で宮本四郎から本塁打を放つと、6月1日の中日戦(草薙)では8回表に小林国男の代打として出場し、史上58人目の1500試合出場を達成。同6日の巨人戦(神宮)で角三男[3]9月19日の中日戦(草薙)では星野仙一からサヨナラ本塁打を打った[4]。6日の巨人戦は5回裏に大杉勝男のソロ本塁打でヤクルトが先制するが、6回表に先発の鈴木康二朗の悪送球等もあって逆転を許し、さらに7回表に1点を追加されヤクルトは敗色濃厚となった。土壇場の9回裏一死でこれまで抑えられていた巨人先発の新浦寿夫から、角富士夫の二塁打、デーブ・ヒルトンのタイムリー二塁打、チャーリー・マニエルの安打と3連打で新浦をKO、そして2番手の小林繁からマニエルの代走・青木実が盗塁の後に大杉が2点タイムリー安打で同点とする。そして延長戦に突入し、10回裏に3番手の角から、先頭の船田が初球を左翼ポール際へ運ぶサヨナラ本塁打を放つ。5-4と逆転勝ちして大洋と並んで首位に立ったが、北國新聞上で船田はヤクルトの勢いを「これまでなら6回の失点でシュンとしていた。それが今年は最後までベンチは盛り上がりっ放しなんだ」と表現している[1]。19日の中日戦はフレッド・クハウルアからも本塁打を放っている。阪急との日本シリーズでは全7試合中6試合に二番打者として先発出場し、22打数7安打2本塁打4打点を記録して日本一に力を添えた。同年は第29回NHK紅白歌合戦に応援ゲストとして登場している。1979年には8月31日の巨人戦(神宮)で5回裏に新浦寿夫から左越3ラン本塁打を放ち、史上105人目の通算100本塁打を達成するなど活躍したが、1980年9月23日の広島戦(広島市民)で福士敬章から最後の本塁打、10月10日の広島戦(広島市民)が最終出場となる。鈴木の代打で最後の安打と打点を記録し、同年引退。

引退後はヤクルトで二軍守備コーチ(1981年 - 1983年)、二軍守備・走塁コーチ(1984年 - 1985年)、二軍打撃コーチ(1986年)、一軍守備・走塁コーチ(1987年 - 1990年)を務めるが、この頃から病気を患い、1991年には病気療養のため名目上スカウトに異動。1992年5月28日肝癌のため東京都内の病院で死去。50歳没。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1962 巨人 2 6 6 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1963 125 395 367 30 91 15 2 6 128 34 14 10 4 3 16 0 5 46 6 .248 .286 .349 .635
1964 95 301 272 27 59 11 2 2 80 10 7 9 4 0 19 3 6 40 9 .217 .283 .294 .577
1965 78 180 162 14 36 2 3 2 50 14 5 1 6 0 9 1 3 21 0 .222 .276 .309 .585
1966 西鉄 135 484 427 41 95 10 1 14 149 43 19 8 27 4 21 0 5 73 8 .222 .265 .349 .614
1967 51 155 143 19 38 1 0 4 51 10 10 4 5 1 5 0 1 33 2 .266 .293 .357 .650
1968 116 417 370 52 106 22 1 16 178 43 15 10 9 1 30 6 7 72 7 .286 .350 .481 .832
1969 109 409 374 38 93 12 2 8 133 35 7 4 8 2 21 0 4 66 8 .249 .294 .356 .650
1970 18 79 70 13 18 1 0 1 22 5 6 2 2 1 4 0 2 6 1 .257 .312 .314 .626
1971 78 250 224 23 40 10 2 5 69 17 7 2 11 3 10 0 2 43 4 .179 .218 .308 .526
1972 ヤクルト 100 287 254 35 63 9 3 8 102 31 9 3 7 1 23 1 2 45 4 .248 .314 .402 .716
1973 117 396 347 32 80 11 2 4 107 24 9 5 16 1 31 0 1 58 8 .231 .295 .308 .603
1974 119 423 384 38 96 11 2 6 129 32 20 7 9 1 27 3 2 52 5 .250 .302 .336 .638
1975 109 335 301 23 65 5 0 2 76 21 13 5 12 2 17 2 3 29 9 .216 .263 .252 .516
1976 124 450 411 34 124 10 1 2 142 23 8 9 4 4 28 0 3 29 18 .302 .348 .345 .693
1977 101 339 304 24 86 10 2 1 103 20 15 5 4 1 29 0 1 25 10 .283 .346 .339 .685
1978 95 270 236 38 64 12 3 8 106 25 1 2 8 2 22 0 2 24 3 .271 .336 .449 .785
1979 105 420 371 51 105 13 0 14 160 49 6 2 13 4 29 1 3 33 9 .283 .337 .431 .768
1980 53 83 71 9 22 1 0 2 29 10 4 0 2 1 9 2 0 11 1 .310 .383 .408 .791
通算:19年 1730 5679 5094 541 1281 166 26 105 1814 446 175 88 151 32 350 19 52 706 112 .251 .304 .356 .661
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
  • 1000試合出場:1973年9月8日、対阪神タイガース24回戦(阪神甲子園球場)、2番・二塁手として先発出場 ※史上169人目
  • 1000本安打:1976年10月12日、対広島東洋カープ24回戦(明治神宮野球場)、2回裏に北別府学から中越二塁打 ※史上99人目
  • 1500試合出場:1978年6月1日、対中日ドラゴンズ7回戦(草薙球場)、8回表に小林国男の代打として出場 ※史上58人目
  • 100本塁打:1979年8月31日、対読売ジャイアンツ19回戦(明治神宮野球場)、5回裏に新浦寿夫から左越3ラン ※史上105人目
その他の記録

背番号[編集]

  • 56 (1962年)
  • 22 (1963年 - 1965年)
  • 28 (1966年)
  • 8 (1967年 - 1971年)
  • 25 (1972年 - 1980年)
  • 76 (1981年 - 1990年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 同名のアメリカのテレビドラマにちなむ。主人公ルーカス・マッケインを演じた俳優で元MLB選手だったチャック・コナーズに顔が似ていたため。

出典[編集]

関連項目[編集]